マツダは2022年4月7日、中型SUV(多目的スポーツ車)の新型車「CX-60」を同年初秋に日本で発売すると発表した(図1)。直列6気筒のディーゼルエンジン車や、同社初のプラグインハイブリッド車(PHEV)を投入し、上級車を求める新たな顧客層の開拓を目指す。

図1 マツダの新型SUV「CX-60」
図1 マツダの新型SUV「CX-60」
(写真:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は22年から23年にかけて、今回のCX-60を皮切りに縦置きエンジン用の新プラットフォーム(PF)「ラージ」の搭載車を世界市場で4車種投入する計画である。これらの新型車で、マツダ車からの乗り換え需要に加え、「より上級車を志向する顧客」(同社専務執行役員の廣瀬一郎氏)を狙う考えを示している。

 22年3月に発表した欧州仕様車の価格は約600万円からだが、国内での販売価格は公表していない。マツダは「4種類のパワートレーンとグレードを幅広い価格帯で展開する」(同社執行役員で国内営業担当の東堂一義氏)とし、特に直列6気筒のディーゼルエンジン車は「輸入車よりも求めやすい価格」(CX-60の主査を務める和田宜之氏)という。生産するのは、同社の防府第2工場(山口県防府市)である。

 CX-60の投入理由については、「国内のSUV市場が成長を続ける中、マツダとして中型サイズの商品の選択肢が少なかった」(東堂氏)ことを挙げた。今後も需要を見込めるSUVの新型車に、同社初のPHEVを設定することで、環境性能も訴求したい考えだ。同PHEVシステムは、排気量2.5Lで直列4気筒のガソリンエンジンとモーターを組み合わせる。

 日本ではPHEVのほか、排気量3.3Lで直列6気筒のディーゼルエンジン車、同エンジンと小型モーターを組み合わせる48Vのマイルドハイブリッド車(簡易HEV)、排気量2.5Lで直列4気筒のガソリンエンジン車を展開する。なお、欧州仕様車に設定予定の、排気量3.0Lで直列6気筒のガソリンエンジン「SKYACTIV-X」は、国内への導入予定はないという。

 車両寸法は、全長4740×全幅1890×全高1685mmで、ホイールベースは2870mm。マツダの最量販SUVである「CX-5」より一回り大きく、全長が165mm、全幅が45mm、ホイールベースは170mm長い。