村田製作所は、最大使用温度が+150℃と高い積層型インダクターを発売した*。外形寸法が1.6mm×0.8mm×0.8mmと小さい「1608サイズ」品である。車載用DC-DCコンバーターなどが発生する低周波(1MHz付近〜10MHz)のノイズが、車載機器の信号ラインに混入することを防ぐ。具体的な応用先は、ADAS(Advanced Driving Assistance System)機器や、車載カメラ、車載レーダー、LiDAR(Light Detection and Ranging)、車載ECU(Electronic Control Unit)などである。

最大使用温度が+150℃と高い積層型インダクター
最大使用温度が+150℃と高い積層型インダクター
(出所:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品のシリーズ名は「LQM18DH_70シリーズ」。インダクタンス値(1MHzにおける値)の違いで6製品を用意した。具体的には、6.8μH品、10μH品、15μH品、22μH品、33μH品、47μH品の6つである。「インダクタンス値が高い製品を用意した。このため高いノイズ除去効果が得られる」(同社)という。

 例えば、インダクタンス値が47μHと最も高い「LQM18DH470M70#」の特性は以下の通り。インダクタンス値の誤差は±20%。最大定格電流は、インダクタンス値の変化に基づく場合が20mA、温度上昇(+125℃)に基づく場合が180mA、温度上昇(+150℃)に基づく場合が10mAである。直流抵抗は3.32Ω。自己共振周波数は10MHz。使用温度範囲は−55〜+150℃である。

 6製品すべて、すでに量産を始めている。価格は明らかにしていない。