独Infineon Technologies(インフィニオン テクノロジーズ)は2021年4月16日(ドイツ時間)に、車載向けMEMSマイクロホン「XENSIV IM67D130A」を発売した(ニュースリリース)。新製品は、車載向けセンサーの信頼性規格「AEC-Q103-003」に準拠する。AEC-Q103に準拠した車載マイクは今回が初めてだという。

車載向けMEMSマイクロホン「XENSIV IM67D130A」
車載向けMEMSマイクロホン「XENSIV IM67D130A」
(出所:Infineon)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の車載製品に関する専門知識とハイエンドMEMSマイクの技術を融合して、今回の新製品を開発し、車載マイクで求められる高性能と低ノイズを実現したという。新製品の用途としてInfineonは、ハンズフリー通話や緊急通話、車室内通信、アクティブ・ノイズ・キャンセルといった車室内アプリケーションに加えて、サイレンや路面の検知などの車外用途も挙げる。また、製品間でマイクの感度がそろっていることから、マイクロホンアレイを構成可能だとする。

 新製品の動作温度範囲は-40~+105℃と広い。AOP(Acoustic Overload Point)は130dB SPL(Sound Pressure Level)と高く、騒がしい環境中でも歪み(ひずみ)なく音を取り込めるという。ダイナミックレンジは103dB。SN比は67dB SPL。感度は-36.0dB FSである。出力インターフェースはPDM。動作電源電圧は1.62~3.6V。消費電流は980.0μAである。PG-LLGA-5-4パッケージで提供する。価格は未公表。