オーストリアams OSRAM(amsオスラム)は、産業機器向けに緑色レーザーダイオード「PLT5 522EA_Q」を2022年4月4日(現地時間)に発表した ニュースリリース 。産業機器向けの赤色レーザーダイオードの置き換えを狙った製品で、置き換えによって視認感度が4倍に向上するという。

新製品の応用例
新製品の応用例
(出所:ams OSRAM)
[画像のクリックで拡大表示]

 「緑色レーザーは赤色レーザーに比べて視認性に優れており、すでに建設・測量などの産業用途や長距離スキャニングで広く利用されている」(同社)。新製品は、レベリングやスキャン、バイオサイエンス、ドットプロジェクションなど、現在赤色レーザーダイオードが利用されている産業アプリケーションに向ける。

 新製品のPLT5 522EA_Qは端面発光型レーザーでピーク出力は20mW、ピーク発光波長は520nm、スペクトル帯域幅は2nmである。連続波モードとパルスモードの両方で使える。動作最高温度は+70℃である。TO56CANパッケージに気密封止している。赤色レーザーダイオードで一般的なパッケージに封止し、ケース接地のピン配置を採る。このため、既存の赤色レーザーダイオードから新製品への置き換えは、最小限の設計変更ですむという。同社によれば、赤色レーザーダイオードと異なり新製品はバーンインが不要なほか、眼の保護に必要なフォトダイオードが内蔵されているという。

TO56CANパッケージに気密封止
TO56CANパッケージに気密封止
(出所:ams OSRAM)
[画像のクリックで拡大表示]

 PLT5 522EA_Qは現在サンプル出荷中である。量産開始時期や量産価格などは未公表。