村田製作所は、車載ECU(Electronic Control Unit)のDC-DCコンバーター回路に向けた電源インダクターを発売した ニュースリリース 。ADAS(先進運転支援システム)やパワートレーン、車載インフォテインメント(IVI)、V2X(Vehicle to Everything)などのECUを応用先として想定している。

車載ECUに向けた電源インダクター
車載ECUに向けた電源インダクター
(出所:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の外形寸法は3.2mm×2.5mm×2.0mmである。いわゆる3225サイズ。特徴は、直流重畳定格電流(Isat)が大きいことである。Isatは電流を流したときにインダクタンス値が30%低下する電流値で、例えば、インダクタンス値が0.47μH品のIsatは8.7Aである。同社によると、「3225サイズの電源インダクターでは、業界で最も大きい直流重畳定格電流を達成した」という。

 新製品のシリーズ名は「DFE32CAH_R0」。金属磁性材料(同社はメタル材料と呼ぶ)とコイルで構成したインダクターである。インダクタンス値の違いで7製品を用意した。インダクタンス値の範囲は0.47μ〜4.7μHである。最大使用温度はいずれも+150℃と高い。発売した7製品の特性は下表の通り。

発売した7製品の主な特性
発売した7製品の主な特性
(出所:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 7製品すべて、すでに量産を始めている。価格は明らかにしていない。