米キーサイト(Keysight Technologies)は、ボックス型オシロスコープの新製品「Infiniium MXRシリーズ」を発表した(ニュースリリース)。同シリーズ機種の中で、最大の周波数帯域幅は6GHz。チャネル数は8である。

「Infiniium MXRシリーズ」の概要
Keysightのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 同社のオシロスコープは、ローエンドの「InfiniiVision」とミッドレンジ~ハイエンドの「Infiniium」からなる。新製品は、米Agilent Technologies時代の2014年に発表された「Infiniium Sシリーズ」*1と同様にミッドレンジ(中級機)という位置づけである。「ミッドレンジ機は汎用性が高く、さまざまなアプリケーションで使ってもらえる主力のオシロスコープ」(日本法人 キーサイト・テクノロジーの代表取締役社長、チエ ジュン氏)。

ミッドレンジ~ハイエンドオシロスコープ「Infiniium」のラインアップ
今回の新製品は左から2つ目のMXRシリーズ。Keysightのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 Sシリーズ発表から6年経過して発売されたMXRシリーズには、最新の技術を盛り込んだという。Infiniiumのハイエンド機種「UXRシリーズ」*2、*3からは高速・高精度のための技術を、ローエンドの「InfiniiVision Xシリーズ」*4、*5からは使いやすさのための技術を、MXRシリーズに投入した。「性能や精度が高く、かつ使いやすい。市場で最も競争力のあるミッドレンジオシロに仕立てた」(チエ ジュン氏)。前者の具体的な技術としては、10ビットA-D変換器やA-D変換後のデジタルデータを処理するASIC、HMC(Hybrid Memory Cube)と呼ぶ高密度メモリーがある。

ローエンドの「InfiniiVision Xシリーズ」(左側)からは使いやすさのための技術をInfiniiumのハイエンド機種「UXRシリーズ」(右側)からは高速・高精度のための技術を、新製品の「MXRシリーズ」(中央)に投入
Keysightのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。