沖エンジニアリング(OEG)は2022年5月17日、新たに「eモビリティテストセンター」を開設し、同日に稼働を開始したと発表した。新テストセンターは、EVなど各種電動車や先進運転支援システム(ADAS)、自動運転車などに向けた電子機器や装置の信頼性試験サービスを手掛ける。

 近年、電動モビリティーやADASの急速な進化に伴い、車載電子機器の需要が大きく伸びた。モーターやインバーター、減速機を一体化した電動アクスル(eアクスル)のほか、カメラやLiDAR、ミリ波レーダーなど支援システムのセンサー類が多様化し、試験対象製品の大型化、高度化が進んでいる。さらに、部品メーカーは従来の系列を超えた日本メーカーや欧米メーカーへの納入が増えており、求められる規格試験方法、条件も多様化している。

 こうした多様化、高度化に柔軟に対応するため、群馬県伊勢崎市にある「群馬カーエレクトロニクステストラボ」の床面積を2倍に拡張し、「eモビリティテストセンター」を設立した。カーエレクトロニクステストラボと隣接していることで、各メーカーの要求にワンストップで応えられるとしている。

 eモビリティテストセンターでは、最新の大型専用試験装置を導入し、eアクスル、DC/DCコンバーターのような大型・重量モジュールや、車載カメラやセンサーなどを対象とした各自動車メーカー規格準拠の熱衝撃試験、塩水複合サイクル試験、減圧試験、ガス腐食試験を実施する。また、各試験で発生するCO2排出量も顧客へ開示するという。

 沖エンジニアリングは、今後も電動モビリティー向けの信頼性試験サービスのメニューを追加する予定。eモビリティテストセンターの稼働により、22年度の自動車分野売上高を前年比で15%増やすことを目指す。