シーメンス(東京・品川)は2022年6月1日、デジタル化・自動化に関するショールーム「デジタルエンタープライズ エクスペリエンスセンター(DEX Tokyo)」を東京・品川に開設したと発表した。ドイツ・シーメンス(Siemens)は世界各地でDEXの開設を進めており、その一環として東京にも設置した。

 デジタルツインによるバーチャルコミッショニング(コンピューター内の仮想空間での事前検証による設備の立ち上げ)を導入したいユーザー企業に対してソリューション(具体的な実現方法)を提案する他、自動化の先進事例とされるSiemensのドイツAmberg工場をオンラインで見られるなど、「世界へつながる窓口」(代表取締役社長兼CEOの堀田邦彦氏)としても機能させる。

シーメンスが東京・品川に開設した「デジタルエンタープライズ エクスペリエンスセンター(DEX Tokyo)」
シーメンスが東京・品川に開設した「デジタルエンタープライズ エクスペリエンスセンター(DEX Tokyo)」
(出所:シーメンス)
[画像のクリックで拡大表示]

 DEX Tokyoは、顧客企業や潜在顧客企業の課題に対してソリューションを用意しておき、コンピューターシステムと小型ロボットやAGV(無人搬送車)などの動きを実地で見せる、という運用を想定している。具体的には、SiemensのPLC(Programmable Logic Controller)や生産ラインの一部を表現したデジタルツイン、多関節ロボットのデジタルツイン、AGVの構成要素やさまざまな制御方法によるコントローラー、VR(仮想現実)によるオペレーターのトレーニング用システムといったソリューションを見られる。「どういうソリューションがあるのかを見てもらい、さらにソリューションが課題に合っているのかを理解してもらうのが大事」(デジタルインダストリーズ デジタルエンタープライズ&ビジネスディベロプメント部部長の鴫原琢氏)としている。

 「デジタル化推進の上でキーになるポイントの1つに、経営層と現場マネージャー層との課題意識の共有が挙げられる。それにもDEXが役立つのでは」(堀田氏)。来場する企業は、既にデジタル化が進んでいる自動車車体メーカーや1次サプライヤーもさることながら「むしろ中小企業など、ものづくりの面で世界をリードしていながらデジタル化が進んでいない、どこから取り組めばよいか分からないという顧客に見てほしい」(同氏)。カーボンニュートラルへの対応策としてシーメンスが発表を予定している「SiGreen」について、複数拠点の二酸化炭素(CO2)排出量算出の機能などの紹介も可能という。