ルネサス エレクトロニクスは、同社の32ビット・マイコンユーザーが、米Microsoft(マイクロソフト)の「Azure RTOS」を使えるようになったと2021年6月15日に発表した。Azure RTOSは組み込み機器のソフトウエア開発に向けたミドルウエア/ソフトウエア群で、リアルタイムOS「Azure RTOS ThreadX」などからなる。

今回のAzure RTOS対応の背景や効果を紹介したMicrosoftのビデオ
ルネサス(左)とMicrosoft(右)が説明する。(出所:Microsoftのビデオからキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回対象となる32ビットマイコンは、Armコア集積の「RAファミリ」、ルネサス独自コア「RX」を集積の「RXファミリ」、マイコンとソフトウエア、サポートなどを一体化した「Renesas Synergy プラットフォーム」に含まれるArmコア集積マイコンである。それぞれのマイコン向けに用意されているアプリケーション開発支援ソフトウエア/ツールのバージョンアップによって、ユーザーはAzure RTOSが使えるようになった。

 例えば、RAファミリでは、21年4月にリリースした、同ファミリの「フレキシブルソフトウェアパッケージ(FSP)」のバージョン3.0が、FreeRTOSに加えてAzure RTOSに対応するようになった。RXファミリでは、ルネサスの統合開発環境「e2 Studio」のプラグインツール「RXスマートコンフィギュレータ」を通して、従来のFreeRTOSなどに加えてAzure RTOSを利用可能になった。また、Renesas Synergyでは、21年5月にリリースした「Synergyソフトウェアパッケージ(SSP)」バージョン2.0からAzure RTOSに対応した。

 SSPは、Microsoftに買収される前の米Express Logicが開発提供のRTOS「ThreadX」と関連ミドルウエアに以前から対応していた。Microsoftが買収後に、機能拡張や修正を行った新しいThreadXおよび関連ミドルウエの総称として「Azure RTOS」というブランドを使うようになった。5月にリリースしたSSP 2.0で、新しいThreadX(すなわち、Azure RTOS ThreadX)を含むAzure RTOSに対応した。

 Azure RTOSには、Azure RTOS ThreadXに加えて、「Azure RTOS FileX」(ファイル・アロケーション・テーブルと互換性のあるファイルシステム)や「Azure RTOS GUIX」〔組み込みグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)アプリケーション設計環境〕、「Azure RTOS TraceX」(Windowsベースの分析ツール)、「Azure RTOS NetX Duo」(産業用グレードのIPv4 と IPv6 のデュアル・ネットワーク・スタック)が用意されており、上述した3種の32ビットマイコンのユーザーは、これらを無償で利用できる。ただし、Microsoftのライセンス条項*を順守する必要がある。なお、ここの記事で紹介したルネサスのRAファミリ向けFSPや、e2 Studio、RXスマートコンフィギュレータも当該マイコンユーザーは無償で使える。

 現在、ルネサスは、Azure IoTに安全に接続して活用するための包括的なフレームワークを提供するクラウド開発プラットフォームの準備を進めており、21年下期にリリースする予定である。このクラウドプラットフォームは、Bluetooth、セルラー、Ultra-Wideband(UWB)、Wi-Fi 6/6Eなどの様々な通信に対応し、Azure Certified DeviceとしてAzure Device Catalogから入手できるようにする予定だという。