米Intel(インテル)は、データセンターに向けた4つの新製品を一気に発表した(ニュースリリース)。いずれも人工知能(AI)処理能力を高めた製品だという。具体的には、(1)MPUの「第3世代Xeon Scalable Processor」、(2)FPGAの「Stratix 10 NX」、(3)3次元NANDフラッシュ・メモリー・ベースのSSD「D7-P5500/P5600」、(4)相変化メモリーモジュールの「Optane Persistent Memory 200 Series」である。

IntelのAI処理向けハードウエアやソフトウエア
今回の4つの新製品は全てハードウエアで、製品イメージの上にオレンジ色の文字で「LAUNCHING」または「DISCLOSING」とある。すなわち、MPUの「第3世代Xeon Scalable Processor」、FPGAの「Stratix 10 NX」、SSDの「D7-P5500/P5600」、相変化メモリーモジュールの「Optane Persistent Memory 200 Series」である。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 第3世代Xeon Scalable Processorの開発コードは「Cooper Lake」である。同社は2019年8月にCooper Lakeについて先行発表している(関連記事:AMD、サーバー向け新MPU「第2世代EPYCプロセッサー」を正式発表)。その際、Cooper Lakeを第3世代Xeon Scalable Processorとして2020年上期に市場投入すると宣言した。今回の発表によって、その約束が守られたことになる。

「第3世代Xeon Scalable Processor」の概要
Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の第3世代Xeon Scalable Processorは4/8ソケット向けのMPUで、深層学習(ディープラーニング)処理の高速化機能「Intel Deep Learning Boost」を強化したことが特徴である。具体的には、米Google(グーグル)が定義した深層学習向け16ビット浮動小数点演算形式「bfloat16」をサポートした。これにより、前世代製品の32ビット浮動小数点演算による処理に比べて、学習で1.93倍、推論で1.9倍の高性能化を図れたという。しかもソフトウエアの変更は最小限で済み、精度は32ビット浮動小数点演算に引けを取らないという。

「Intel Deep Learning Boost」が「bfloat16」をサポート
32ビット処理と同等の精度で演算性能が上がったという。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、第3世代Xeon Scalable Processorには11モデルが用意される。このうち、6モデルがXeon Platinum Processor。残り5モデルがXeon Gold Processorである。ハイエンドの「Xeon Platinum 8380HL Processor」は28コアを備えており、56スレッドの処理が可能。ベースクロック周波数は2.9GHz、1コア動作時の最大動作周波数は4.3GHz、熱設計電力(TDP)は250W、1ソケット当たり最大4.5TバイトのDRAMを外付けできる。

 一方、ローエンドの「Xeon Gold 5318H Processor」は18コアを備えており、36スレッドの処理が可能。ベースクロック周波数は2.5GHz、1コア動作時の最大動作周波数は3.8GHz、熱設計電力(TDP)は150W、1ソケット当たり最大1.12TバイトのDRAMを外付けできる。

「第3世代Xeon Scalable Processor」は11モデルから成る
出荷開始は2020年6月18日(米国時間)。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 第3世代Xeon Scalable Processorは14nmプロセスで製造する。開発コード名が「Ice Lake」で10nmプロセスで製造するXeon Scalable Processorは2020年後半に市場投入する予定。Ice Lakeは1/2ソケットに向けたMPUである。また、2021年には開発コード名が「Sapphire Rapids」の次世代Xeon Scalable Processorを市場投入の予定。こちらは10nmプロセスで製造の予定で、1~8ソケットに向けたMPUとする。

Xeon Scalable Processorのロードマップ
Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。