島津製作所は2021年6月22日、少量の採血でアルツハイマー病の原因候補物質を測定する管理医療機器「血中アミロイドペプチド測定システム Amyloid MS CL」(アミロイド MS CL)の販売を始めた。当面は装置の販売よりも、子会社の島津テクノリサーチを通じて認知症専門医や製薬企業、医薬系の研究機関などを対象とした受託解析サービスに注力する。

 医療機関はアミロイド MS CLによる測定結果をアルツハイマー病の診断の補助的な情報の1つとして活用する。なお測定結果を診断などに用いる場合は、関連学会が監修した適正使用指針を順守することが求められる。製薬企業は、アミロイド MS CLの測定結果を医薬品の治験に参加する被験者のスクリーニングなどに利用できる。

 アミロイド MS CLは、アルツハイマー型認知症の特徴であるアミロイド斑の主要成分「アミロイドペプチド」を測定する。抗体ビーズを用いて3種類のアミロイドペプチドを捕捉し、「マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計」を用いる。測定した3種類のペプチドの相対比などからバイオマーカー値を提示する。

 島津製作所は認知症関連の国内の大規模な研究プロジェクトや海外の研究機関との共同研究を通じ、アミロイドペプチドを測定する臨床的なエビデンスを蓄積していく方針。将来的にはアルツハイマー病の早期診断が可能な医療機器の開発を目指す。