ノルウェーNordic Semiconductor(ノルディック)は、Bluetooth Low Energy(BLE) 5.2に対応する2.4GHz無線SoCの新製品「nRF52805」を発表した(ニュースリリース)。nRF52805はnRF52シリーズのローエンド製品に当たる。

nRF52シリーズ製品の主な仕様
左端が今回の新製品。Nordicの表
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の特徴は2.48mm×2.46mmと小型のWLCSPパッケージに封止したこと。両面基板への実装に最適化したという。スタイラスやビーコン、使い切りの医療製品など両面基板を使うBLE機器への応用を狙う。同社はチップが持つ10本のGPIOをすべて使う応用回路を、9.5mm×8.8mmの基板面積に収めたリファレンスレイアウトを提供する。

2.48mm×2.46mmと小型のWLCSPパッケージに封止
Nordicの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 nRF52805は、64MHz動作のCPUコア「Arm Cortex-M4」(FPUは付属しない)と192Kバイトのフラッシュメモリー、24KバイトのSRAM、2.4GHz無線通信回路、セキュリティー回路、12ビットA-D変換器、LDOなどを集積する。2.4GHz無線通信回路はBLE 5.2のほか、ユーザー独自プロトコルにも対応可能である。その無線通信回路の最大送信出力は+4dBm、受信感度は-97dBm(1Mビット/秒のBLE通信時)という。

新製品の機能ブロック図
Nordicの図
[画像のクリックで拡大表示]

 出力4dBm時の無線通信回路の消費電流は7mA。1Mビット/秒でBLE受信時の消費電流は4.6mAである。SoCの消費電流はシステムオフ時に0.3μA、システムオン時(SRAM保持でRTC稼働)は1.1mAだという。動作電圧範囲は1.7~3.6V。動作温度範囲は-40~+85℃。

 Nordicは出荷開始時期や価格を発表していないが、既に代理店での発注は可能である。例えば米AVNETの場合、1500個発注時のチップ単価は1.2922米ドル。3000個発注時のチップ単価は1.274米ドル。1万2000個発注時のチップ単価は1.1648米ドルとなっている(いずれも記事執筆時)。なお対応ソフトウエアは、現在はS112 SoftDevice。間もなくBLEで2Mビット/秒の通信が可能なS113 SoftDeviceが提供される予定である。