東芝デバイス&ストレージは、電源電圧範囲が+2.2〜5.5Vと広いフォトカプラー「TLP2312/TLP2372」を発売した(ニュースリリース)。同社によると、「+2.2Vと低い電源電圧で動作するフォトカプラーの製品化は業界初」という。このため、2.5V振幅のLVCMOSレベルの低電圧回路で使用する場合でも、フォトカプラーを駆動する別電源を用意する必要がない。高速デジタルインターフェースを搭載するプログラマブル・ロジック・コントローラー(PLC)や、汎用インバーター装置、計測・制御機器などに向ける。

+2.2Vと低い電源電圧で動作するフォトカプラー
東芝デバイス&ストレージの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 2製品どちらも、赤外光LEDと受光IC(フォトIC)を組み合わせて構成した。TLP2312とTLP2372の違いは、対応するデータ伝送速度にある。TLP2312は5Mビット/秒(標準値)に、TLP2372は20Mビット/秒(標準値)に対応する。入力のオン電流は最小値が2mAで、最大値が6mA。入力のオフ電圧は+0.8V(最大値)である。供給電流は0.5mA(最大値)、スレッシュホールド入力電流は1.6mA(最大値)とどちらも少ないため、「消費電力を削減できると同時に、外付けのマイコンで直接駆動できる」(同社)という。TLP2312の伝搬遅延時間は250ns(最大値)、TLP2372は60ns(最大値)。瞬時コモンモード除去電圧(コモンモード過渡耐性)は±20kV/μs(最小値)を確保した。

 安全規格として、「UL 1577」「CSA Component Acceptance Service No.5A」「EN 60747-5-5」「EN 62368-1」「GB4943.1」「GB8898」に準拠する。パッケージは2製品どちらも、外形寸法が3.7mm×7.0mm×2.3mm(端子部を含む)の5端子SO6。動作温度範囲は−40〜+125℃。すでに量産出荷を始めている。価格は明らかにしていない。