ラピスセミコンダクタは、Bluetooth 5に準拠した無線通信モジュールを2製品発売した(ニュースリリース)。「MK71511」と「MK71521」である。どちらもBLE(Bluetooth Low Energy)仕様に準拠すると同時に、Bluetooth 5の特徴である2Mビット/秒の高速伝送機能と通知データ容量増加(拡張アドバタイズ)機能に対応する。このため「Bluetooth 4対応品と比べて、データ通信時間を半減できると同時に、最大8倍の通知データを扱える」(同社)という。

Bluetooth 5に準拠した無線通信モジュール
ラピスセミコンダクタの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした基本機能に加えて、MK71511とMK71521にはそれぞれ異なる機能を追加した。MK71511に追加したのは、長距離伝送機能と方向検知機能である。Bluetooth 4対応品と比較すると、同じ送信出力の場合に伝送距離を最大で4倍に延ばせる。さらに方向検知機能を使えば、今回の新製品を搭載した電子機器の位置を高精度に特定できる。一方、MK71521にはプログラム格納用に512Kバイトのフラッシュメモリーを搭載した。このため「メッシュネットワークの構築や、センサーネットワーク機器などの適用できる」(同社)という

 MK71511には、英ArmのCPUコア「Cortex-M4」を集積するノルウェーNordic SemiconductorのBluetooth対応SoC(System on a Chip)「nRF52811」を搭載した(関連記事:ノルウェーのノルディック、方向が分かるBluetooth 5.1対応の無線SoCを発表)。フラッシュメモリーの容量は192Kバイトで、RAMの容量は24Kバイトである。MK71521には、ArmのCPUコア「Cortex-M4F」を集積するNordic Semiconductor のBluetooth対応SoC「nRF52832」を採用した(関連記事:Bluetooth v4.2認証を取得したSoC、Nordicが量産開始)。フラッシュメモリーの容量は前述の通り512Kバイトで、RAMの容量は64Kバイトである。

 2製品どちらもパッケージは、外形寸法が9.7mm×13.4mm×2.0mmの54端子MFLGA。端子互換性を確保しているため、用途やプログラム容量に応じて、プリント基板の設計変更なしにモジュールを置き換えられる。プリント基板には、安価な両面基板が使える。「当社独自のパッド配置を採用することで、小型でありながら、32本すべての入出力信号を引き出せるようにした」(同社)という。2製品どちらも、すでにサンプル出荷を始めている。価格は明らかにしていない。

 このほか、今回の新製品を搭載した評価キットを併せて発売した。「MK715x1評価キット Mini」と「MK715x1評価キット」の2タイプがある。MK715x1評価キットは、「Arduino Uno R3シールド」が使えるArduino端子互換タイプだ。どちらも、サンプルソフトウエアが書き込み済みであるため、パソコンに接続して簡単に評価できるという。チップワンストップとコアスタッフオンラインのインターネット通販サイトにおいて、すでに販売を始めている。