高速充電の市場要求に応えるため大電力化・大電流化が進む
充電状態を解析する充電アナライザーもそのトレンドに沿って変化。既存の「SL1040A」(下中央)の最大電力は10kW。新製品の「SL1047A」(下右)のそれは900kW。SL1047Aは本体(左の筐体)と冷却ユニット(右の筐体)を組み合わせて使う。Keysightのスライド

記事へ戻る