中国・比亜迪(BYD)の日本法人であるビーワイディージャパンは2022年7月21日、日本の乗用車市場への参入を発表した。これに伴い、乗用車販売サービスの専業会社としてBYD Auto Japanを設立した。BYD Auto Japanは2023年に3車種の電気自動車(EV)を日本で順次発売する予定だ。

 BYDは、バッテリーメーカーとして1995年に創業して以来、自動車や情報技術(IT)、エレクトロニクスなどの分野で事業を展開する。自動車産業には2003年に参入し、バッテリーのほかにもモーターやコントローラーなどEV関連部品を中心に開発・製造を実施している。2022年上半期の全世界の累計販売台数は64万1350台だ。日本では、2005年にビーワイディージャパンを設立し、2015年より電気バスの販売を開始。2022年6月までに累計65台を売り上げた。そのほかにもEVフォークリフトや法人向けEVを国内で販売してきた。

中型SUVの「ATTO 3」
中型SUVの「ATTO 3」
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の発表に伴い、同社は、自動車大国である日本の乗用車市場に参入することになる。ビーワイディージャパンの代表取締役社長の劉学亮氏はこの発表会で「EVを豊富なラインアップかつ手に届きやすい価格で届ける」と自信を示した。販売はディーラーでの販売を想定している。2025年までを目途に、47都道府県に100カ所の店舗を構える予定で、一気に販売網を拡大したい考えだ。ディーラーでは見て乗って体験することができ、アフターサービスや充電などにも対応できるため「ウェブ販売には頼らない」(BYD Auto Japan代表取締役社長の東福寺厚樹氏)としている。

日本の乗用車市場への参入を発表する劉学亮氏
日本の乗用車市場への参入を発表する劉学亮氏
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 2023年に発売するEVは、中型SUV(多目的スポーツ車)「ATTO 3」と小型ハッチバック車「DOLPHIN」、中型セダン「SEAL」の3車種だ。それぞれ同年1月、同年中ごろ、同年下半期の発売を予定している。全車にBYDが開発する最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池「ブレードバッテリー」を搭載する。ブレードバッテリーは、細長く平たい形状の電池セルを1つの構造部品として、電池パックに直接組み込んだのが特徴だ。これにより従来の車載電池で一般的だったモジュールをなくし、より多くの電池セルを電池パックに収めることで、エネルギー密度を高め、空間利用率を上げている。同社の日本向け電気バス「J6」「K8」にも搭載する。

 プラットフォームはEV専用の「e-Platform 3.0」を採用する。ブレードバッテリーのほかに駆動モーターやトランスミッション、DC-DCコンバーターなど8つのモジュールを集約し、安全性や効率性を上げたとしている。

左からSEAL、ATTO 3、DOLPHIN
左からSEAL、ATTO 3、DOLPHIN
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]