東芝デバイス&ストレージは、車載用ヘッドアップディスプレーの投影位置調整やカーエアコン用冷媒回路の膨張弁制御などに向けたステッピングモーター用ドライバーIC(駆動IC)「TB9120AFTG」を発売した(ニュースリリース)。ハイサイド(上アーム)とローサイド(下アーム)のオン抵抗の和が0.8Ω(標準値)と低いDMOSFETと、マイクロステップによる擬似正弦波を生成する制御回路を1チップに集積した。バイポーラー型2相ステッピングモーターを駆動できる。「高性能なマイコンの外付けや、ソフトウエアの開発をすることなく、クロック信号を入力するだけで正弦波電流の出力が得られ、ステッピングモーターを駆動できる」(同社)という。最大電流定格は1.5Aと大きい。車載用半導体ICの品質規格「AEC-Q100」に準拠する。

車載用ヘッドアップディスプレーの投影位置調整やカーエアコン用冷媒回路の膨張弁制御などに向けたステッピングモーター用ドライバーIC
東芝デバイス&ストレージの写
[画像のクリックで拡大表示]

 定電流PWMチョッピング制御方式を採用した。2相や1-2相、W1-2相、2W1-2相、4W1-2相、8W1-2相の励磁駆動に対応できる。1/1〜1/32のマイクロステップ駆動に対応する。最大クロック入力周波数は100kHz。ミックス・ディケイ・モード(Mix Decay Mode)を搭載したため、電流を減衰させるときのPWM電流波形を安定化できる。過熱検出機能や過電流検出機能、負荷オープン検出機能などを搭載した。さらに、ストール(モーターの失速)を検出し、その情報をSD端子から出力する機能を用意した。

 電源電圧範囲は+7〜18V。絶対最大定格は+40Vである。パッケージは、ウェッタブルフランク構造を採用した28端子VQFN。実装面積は6mm×6mmである。動作温度範囲は−40〜+125℃。すでに量産を始めている。価格は明らかにしていない。