パナソニックは2021年7月19日、製造業のサプライチェーン関連業務の現場に向けたSaaS型アプリケーション「現場最適化ソリューション」を提供すると発表した。現場作業者の動きなどの動画を人工知能(AI)によって自動的に分類・整理し、現場の状況を把握して、その情報により人員の勤務シフトや輸送計画の最適化を図れる。さらに、インダストリアル・エンジニアリング(IE)でいう「標準業務プロセス」「標準時間・標準工数」などを導出して、中長期的な業務改善を進められる。

 現場最適化ソリューションは物流現場(倉庫)向けと流通現場(小売り)向けがあり、それぞれ「最適化アプリケーション群」と「可視化アプリケーション群」で構成する。

 物流現場向けの最適化アプリケーション群には勤務シフトを自動作成する「シフト最適化」、入出庫や仕分けなどの業務計画を自動で作成する「庫内最適化」、トラックと倉庫作業を同期させた計画を自動で作成する「輸配送最適化」などがある。物流現場向けの可視化アプリケーションには、カメラ映像を基に作業を分析する「AI画像処理作業可視化」、在庫回転率を明らかにする「在庫可視化」、庫内の人やフォークリフトの動きを分析する「動線分析」、スマートフォンを利用して実績を把握する「配送見える化」などがある。流通現場向けには、物流現場向けとほぼ同様のアプリケーションに加えて、店舗の来店者や棚の状況を可視化するアプリケーションがある。

 これらのアプリケーションを互いに組み合わせると、例えば輸配送最適化アプリケーションで入荷量を予測し、その情報を基に勤務シフトを最適化。さらにはそのシフト計画による積み込み作業と同期した輸送計画を立てて最適ルートを決める、といった業務の進行が可能になる、としている(図1)。

図1 「現場最適化ソリューション」による物流分野での最適化のイメージ
図1 「現場最適化ソリューション」による物流分野での最適化のイメージ
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 中長期的なIEによる改善の事例については、同社が「彩都パーツセンター」(大阪府茨木市)に導入した例をなどを示した。同パーツセンターでは、ピッキングの生産性が25%向上した一方でコストを10.8%削減でき、2016年には600分だった分析の工数が現在は15分になったという。同パーツセンターは8万品番の部品を保管し、世界中に月間約2万6000件の出荷を実施している。この他、パナソニック物流(大阪府守口市)の「電材厚木物流センター」(神奈川県厚木市)では、ピッキングの生産性が50%向上し、さらに人員が作業に習熟するまでの期間が短縮した一方で、棚卸し工数を15%削減できた。電材厚木物流センターは1日に約1万9000件の出荷業務があるという。

 現場最適化ソリューションの各アプリケーションはクラウドサービスとして提供し、利用料は登録人数 、拠点数、カメラ台数、ライセンス数に応じて決まる。各アプリケーションの情報はデータレイクへ集約する方針(図2)。21年7月時点で利用可能なアプリケーションは、物流現場向けでは輸配送最適化、動線分析、配送見える化の3つで、シフト最適化と庫内最適化は21年内、AI画像処理作業可視化と在庫可視化は22年度内に利用可能にする。流通分野向けでは、配送最適化、動線分析、在庫可視化が21年7月現在で利用でき、それ以外も物流分野向け同様に22年度内までに順次提供する。

図2 データレイクへの情報の集約
図2 データレイクへの情報の集約
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 現場最適化ソリューションは、パナソニックが18年からサプライチェーン分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)事業として提供している「現場プロセスイノベーション」の一環。同事業に関して、パナソニックはサプライチェーン関連ソフトウェアを手掛ける米Blue Yonder(ブルーヨンダー、旧JDA Software)を買収すると21年4月23日に発表している。今後、Blue Yonderの機械学習による分析予測技術と、パナソニックのIEやエッジデバイスを組み合わせたアプリケーションなどを強化していきたいという。

■修正履歴
掲載当初、「在庫可視化」アプリケーションでカメラの情報を基にする旨の記述がありましたが、パナソニックからプレスリリースの内容を訂正する旨の連絡があったため、記述を改めました。