村田製作所は、5GHzの周波数帯域に対応したフェライトビーズ「BLF03VKシリーズ」を発売した(ニュースリリース)。同社によると、「5GHz帯の雑音対策に特化したフェライトビーズの発売は業界初」という。5GHz帯を利用する無線LAN(Wi-Fi)機器の雑音対策に向ける。「無線LAN機能を搭載する機器自体が5GHz帯の雑音を放射すると、受信する無線LAN信号との間に干渉が発生し、データ処理能力やデータ転送速度が低下する。発売したフェライトビーズを使えば、5GHz帯の雑音を除去できるため、データ処理能力やデータ転送速度を高められる」(同社)。

5GHzの周波数帯域に対応したフェライトビーズ。村田製作所の写真
[画像のクリックで拡大表示]

 外形寸法は0.6mm×0.3mm×0.3mmである。いわゆる「0603サイズ」である。特性が異なる2製品を用意した。5GHzにおけるインピーダンスが220Ωで定格電流が800mA(+80℃のとき)の「BLF03VK221SNG#」と、5GHzにおけるインピーダンスが60Ωで定格電流が1.2A(+80℃のとき)の「BLF03VK600SNL#」である。

 例えば、前者(BLF03VK221SNG#)の特性は以下の通り。+125℃のときの定格電流は500mA。インピーダンスの誤差は±40%。直流抵抗は0.155Ω(最大値)である。後者(BLF03VK600SNL#)の+125℃のときの定格電流は780mA。インピーダンスの誤差は±40%。直流抵抗は0.065Ω(最大値)である。2製品どちらも、使用温度範囲は−55〜+125℃。質量は0.22mg(標準値)。すでに量産を始めている。価格は明らかにしていない。

» 本記事の英訳はこちら