東海理化は2021年8月2日、同社のスタートスイッチが、トヨタ自動車が発売した新型「ランドクルーザー」に採用されたと発表した(図1)。同スイッチは指紋センサーを搭載しており、車両の盗難を防ぐ。採用は日本車で初めて。

図1 東海理化が開発したスタートスイッチ
図1 東海理化が開発したスタートスイッチ
中央に指紋認証センサーを配置する。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 スイッチ中央の指紋センサーで個人を認証する。ブレーキを踏みながら指紋センサーに触れると、事前に登録した指紋と照合。指紋の情報が一致すれば、エンジンが始動する。

 ランドクルーザーは盗難の被害が多い車両とされる(図2)。日本損害保険協会が21年3月に発表した「自動車盗難事故実態調査結果」において、同車両は盗難件数が最多となっていた。

図2 新型ランドクルーザー
図2 新型ランドクルーザー
トヨタ自動車が2021年8月2日に発売した。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]