台湾MediaTek(メディアテック)は、sub-6GHzの5G通信機能が付いたタブレット端末に向けたSoC「Kompanio 1300T」を発表した。このSoCを搭載したタブレット端末は2021年第3四半期に市場に出荷される予定。

5Gタブレット端末向けSoC「Kompanio 1300T」
[画像のクリックで拡大表示]

 Kompanioは今回発表されたSoCのブランドで、タブレット端末向けや「Chromebook(Chrome OS搭載PC)」向け製品が用意される。新製品のKompanio 1300TのCPUは、4個の「Arm Cortex-A78」と4個の「Arm Cortex-A55」で構成する。このほか、GPUコア「Mali G77 MC9」や同社独自の人工知能(AI)推論処理コア「APU 3.0」、sub-6GHz 5G通信モデム、カメラ画像処理向けISP(Image Signal Processor)、動画像コーデックなどを集積する。製造には「6nmプロセス」を使う。

 新製品に集積したsub-6GHz 5G通信モデムは、2波キャリアアグリゲーション(2CC CA)や5GのデュアルSIM(5G SAと5G SA)に対応している。このほか、Bluetooth、Wi-Fi 6、GNSS(Global Navigation Satellite System;全球測位衛星システム)の無線通信をサポートする。ISPは最大108M画素のイメージセンサーに対応できる。動画像コーデックは4K解像度で60フレーム/秒のフレームレートに対応し、AV1のデコードも行える。新製品のSoCは、2.5K解像度で120Hzのリフレッシュレートのディスプレーに出力できる。HDR10+画像を再生可能である。またゲーミング向けに「HyperEngine 3.0」を備える。