日本ユニシスは、設備点検業務を支援するサービス「まるっと点検」の機能を強化するとともに、ハンズフリーで報告書を作成できる機能を追加した。デジタル化による作業効率向上や人手不足解消の効果に加えて、作業現場やオフィスの密集・密接の回避も図れる。工場の建屋・機械保全や製造管理の他、マンション・ビル・商業施設の建物・設備保全、社会インフラの保全といった用途に向く。

* 日本ユニシスのニュースリリース:https://www.unisys.co.jp/news/info_200817_iot_tenken.pdf

 まるっと点検サービスは、IoT(Internet of Things)デバイスやタブレット端末、ウエアラブルデバイスを活用して点検業務をデジタル化する(図1)。監視対象にセンサーを取り付けて稼働状況を遠隔監視する「モニター」と、点検報告書を自動で作成する「リポーター」、スマートグラスを装着した作業者と設備管理者の間で映像を共有したり指示を出したりする「コミュニケーター」の3つのメニューを用意している。

図1:「まるっと点検」の概要
(出所:日本ユニシス)
[画像のクリックで拡大表示]

 このうちリポーターの新機能として「まるっと点検リポーター スマートグラス版」を追加した。新機能は、HappyLifeCreators(大阪市)のウエアラブル型作業支援サービス「TASKel」を利用。スマートグラスに映し出された作業手順に従って点検作業を実施し、結果をスマートグラスから音声で入力すると、自動で報告書が作成される。従来はタブレット端末での入力のみに対応していたが、新機能ではハンズフリーで入力できるため、高所・閉所での登録や実作業と並行した登録が可能だ。

 入力したデータはその場で管理者に送信できるので、帰社後に報告書を作成して管理者の承認を得る工程が不要になる。そのため、オフィスにおける密集・密接の回避にも有効だとする。

 コミュニケーターについても機能を強化。管理者のパソコンに同時に接続できるスマートグラスの数を2台から6台に増やした。管理者と複数の現場でのスムーズな連携と、管理負荷の軽減を図れる。さらにリポーターとコミュニケーターでは、対応するスマートグラスの種類を増やした。点検現場の状況に合ったスマートグラスを選べる。

 まるっと点検サービスの導入により、点検業務の効率を高められる(図2)。例えば、定期点検を年4回実施していた現場では、モニターの遠隔監視によって訪問回数を1回に減らせる。点検結果の確認や承認作業に月100時間程度かかっていた現場では、リポートによる報告書作成・提出などで作業時間を月20時間程度に短縮できるという。さらに、設備故障時にコミュニケーターを利用して遠隔から作業者に指示を出せば、現場で作業に当たる人員を減らせる。

図2:「まるっと点検」の導入効果の例
(出所:日本ユニシス)
[画像のクリックで拡大表示]

 全てのメニューを米Microsoft(マイクロソフト)のクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上に実装し、データの一元管理を実現する。これにより、セキュリティーなどの運用関連業務の負荷を軽減できるという。