台湾MediaTek(メディアテック)は、5Gスマートフォン用SoC「Dimensity 5G ファミリー」に2つのミッドレンジ製品を追加した ニュースリリース 。「Dimensity 920」と「Dimensity 810」である。共にシリコンファウンダリーのいう「6nmプロセス」で製造する。Dimensity 920搭載端末とDimensity 810搭載端末は2021年第3四半期に市場出荷開始の予定である。

今回の2つの新製品
今回の2つの新製品
(出所:MediaTek)
[画像のクリックで拡大表示]

 2つの新製品のうち、Dimensity 920は21年5月に発表した「Dimensity 900」*の上位製品。Dimensity 900も6nmプロセスで造られているが、CPUコアの動作周波数に違いがある。既存のDimensity 900では最大2.4GHz動作の「Arm Cortex-A78」を含む8つのコアでCPUを構成していたが、新製品のDimensity 920では最大2.5GHz動作のArm Cortex-A78を含む8つのコアでCPUを構成している。MediaTekによれば、Dimensity 920はDimensity 900より平均で9%処理性能が高いという。

* 関連記事 5Gスマホ向けSoC、MediaTekが6nm品の第3弾
「Dimensity 920」の概要
「Dimensity 920」の概要
(出所:MediaTek)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、Dimensity 920の特徴として、「Smart Adaptive Displays」と呼ぶ機能を同社は挙げる。この機能は、検出したゲームやユーザーのアクションに応じてディスプレーのリフレッシュレートを調整する。例えば、激しいアクション時にはレートを上げてユーザー体験を向上させ、それ以外ではレートを下げて電力効率を向上させるという。

 Dimensity 920のGPUコアは、Dimensity 900と同じく「Arm Mali-G68 MC4」である。そのほかの仕様も基本的に同じ。例えば、対応するディスプレーは最大2520画素×1080画素で、最大リフレッシュレートは120Hz。4K解像度30フレーム/秒でH.264とH.265対応のビデオエンコーダーと、4K解像度30フレーム/秒でH.264とH.265、MPEG-1/2/4、VP9、AV1対応のビデオデコーダーを集積している。さらに、最大108M画素の単眼カメラまたは20M画素カメラ2台に対応するISP(Image Signal Processor)、キャリアアグリゲーション対応の5Gモデム、2×2 MIMO対応Wi-Fi 6モデム、Bluetooth 5.2モデムなども備える。外付けメモリーは、LPDDR4X型とLPDDR5型SDRAMが使える。ストレージはUFS 2.1および3.1に対応する。

 もう一方の新製品であるDimensity 810は、800番台のDimensityとしては、最初の6nm製品。CPUは最大2.4GHz動作の「Arm Cortex-A76」を含む8コアで構成。GPUコアは「Arm Mali-G57 MC2」。対応するディスプレーは最大2520画素×1080画素で、最大リフレッシュレートは120Hz。ISPは最大64M画素の単眼カメラまたは最大16M画素のカメラ2台に対応する。キャリアアグリゲーション対応の5Gモデム、Wi-Fi 5モデム、Bluetooth 5.1対応モデムなども備える。外付けメモリーは、LPDDR4X型SDRAMが使える。ストレージはUFS 2.2に対応する。

「Dimensity 810」の概要
「Dimensity 810」の概要
(出所:MediaTek)
[画像のクリックで拡大表示]