米Qualcomm(クアルコム)は2021年8月17日(米国時間)、世界初とする5G(第5世代移動通信システム)とAI(人工知能)技術を活用したドローン開発用プラットフォーム「Qualcomm Flight RB5 5G Platform」を発表した。Qualcomm QRB5165プロセッサを搭載し、低消費電力かつ高性能な完全自律型ドローン開発を支援する。一般顧客向け商用ドローンに加え、企業や産業向けドローン開発を加速する。

(出所:Qualcomm)
[画像のクリックで拡大表示]

 Qualcommでは、2021年3月に同社ブログにて、NASAの火星探査ドローンIngenuityに「Qualcomm Flight Platform」が搭載されていることを紹介。同年6月に5G、AIに対応する最新ロボティクス向けプラットフォーム「Qualcomm Robotics RB5」を発表するなど、ロボティクスやドローン開発への最新技術導入を積極的に進めている。今回のQualcomm Flight RB5 5G Platformも、Qualcomm Robotics RB5同様、ロボティクス向けにカスタマイズされたプロセッサQRB5165を搭載。さまざまな最新鋭機能を統合し、映画撮影やエンターテインメントからセキュリティー、緊急通報、配送、防衛、検査やマッピングなど各分野に向けたドローン開発を支援する。

(出所:Qualcomm)
[画像のクリックで拡大表示]

 Qualcomm Flight RB5 5G platformは、電力効率の高い推論が可能なAIとML(Machine Learning、機械学習)機能を提供する。また、優れた画像機能と性能を提供するカメラ機能に加え、5GとWi-Fi 6接続を可能にすることで、より安全で信頼性の高い有視界外飛行(BVLOS:Beyond Visual Line of Sight、 ドローンから送信される位置情報や警告情報のみでの操縦)を実現。そのほか、サイバーセキュリティー保護機能を備えたQualcomm Secure Processing Unitも搭載されている。

(出所:Qualcomm)
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワークテストは、米Verizonの協力を得て、Verizonのミリ波を含む5Gネットワーク上で実施。今後、ミリ波対応済のQualcomm Flight RB5 5G Platformが、Verizon Thingspace Marketplaceから提供される予定となっている。

 Qualcomm Flight RB5 5Gドローンのリファレンスデザインについては、米ModalAIのサイトで先行発売されている。Qualcomm Flight RB5 5G開発キットについては、2021年第4四半期内に提供開始する予定。

(出所:Qualcomm)
[画像のクリックで拡大表示]