三菱電機は、電子ビームを熱源とする粉末床溶融結合方式(パウダーベッド方式)の金属3Dプリンター「EZ300」を2019年9月2日に発売する(図、ニュースリリース)。加工速度を250cc/hとした他、電子を発生させる棒状陰極の加熱寿命を1000時間に伸ばして、生産性を高めた。航空機・医療分野を中心に拡大する金属3Dプリンターの需要に対応する。

図:「EZ300」(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品では、出力が6.0kWの電子銃用電源を搭載して加工速度を向上させた。加えて、同社製の電子ビーム加工機で採用しているビーム収束・偏向技術を生かし、ビームスポットと走査の最適化を図っている。

 電子ビームの発生源に装備する棒状陰極についても、構造の工夫によって加熱制御を最適化した。棒状陰極を収めている真空室の真空度を保持するとともに、異物の侵入を防止。これによって加熱寿命(加熱された棒状陰極が安定して電子を出力できる時間)を従来比で10倍以上に延長しており、コストを抑えられるという。

 造形ボックスの大きさはX300×Y300×Z380mmで、ベースプレートは最大250×250mm。本体と制御盤、電源、ポンプを合わせた質量は4200kgとする。価格は9800万円(税別)だ。

 開発・製造は、三菱電機の電子ビーム加工機などを製造する子会社の多田電機(本社兵庫県尼崎市)が担当している。多田電機は2014年、次世代3D造形システムの構築を目指す技術研究組合「次世代3D積層造形技術総合開発機構」(TRAFAM)に加入。今回、TRAFAMが参画する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発プロジェクトにおいて、粉末床溶融結合方式を用いた金属3Dプリンターを開発した(関連記事)。