インテルは2019年8月26日に東京の本社で報道機関向け会見を開き、サーバー向け純正FPGAボードの第2弾製品「Intel FPGA PAC D5005」の量産出荷が始まることを発表した。米Intelは、この件に関して8月5日に発表している(ニュースリリース)。

今回の会見の登壇者。左からインテルの山崎氏、日本ヒューレット・パッカードの高橋氏、アイベックステクノロジーの馬場氏。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルは今回の純正FPGAボードに関して、1年ほど前の2018年9月に発表したことがある(関連記事1)。今回の会見に登壇した、インテルの山崎大輔氏(プログラマブル・ソリューションズ営業本部事業開発マネージャー)によれば、「昨年来、主に開発者向けに少量の出荷を続けてきたが、今回、エンドユーザーにまとまった数を出荷できるようになった」という。具体的には、米Hewlett Packard Enterprise(HPE)のサーバーのオプションとして、HPEから販売される。「今後、HPE以外のサーバーメーカーからも提供が始まることを期待している」(同氏)。

HPEのサーバー「HPE ProLiant DL380 Gen 10」の右奥に挿した「Intel FPGA PAC D5005」(Intelの製品名)/「Intel Stratix 10 SX FPGAアクセラレータ」(日本ヒューレット・パッカードの製品名)。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 Intelの純正FPGAボードの第1弾製品「Intel Programmable Acceleration Card(PAC)」(関連記事2関連記事3)は、FPGAとして同社の「Arria 10 GX」を搭載していた。第2弾製品のFPGA PAC D5005はArria 10 GXより上位のFPGA「Stratix 10 SX」を搭載する。性能の関係から、第1弾のPACでは難しかった処理をサーバー本体からオフロードできるようになるという。インテルの山崎氏によれば、FPGAが内蔵したメモリー(インメモリー)が大容量なおかげで計算負荷が重たい金融処理や、AIベースの音声テキスト化処理が行えるようになったという。また、高速なDRAMを外付けできるためビデオのトランスコードをこなせるようになったとのことだった。

Intelのサーバー向け純正FPGAボード。左は第1弾製品。右が今回の製品。インテルのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
第1弾のFPGAボードと今回の製品が狙うアプリケーション。インテルのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。