米インテル(Intel)は、パソコン(PC)向け最新マイクロプロセッサー(MPU)製品「第10世代Coreプロセッサー」に、8モデルを追加した(日本語ニュースリリース)。追加した8モデルは、全て開発コードが「Comet Lake」のMPUである。

今回の新製品の概要。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は先月(2019年8月)1日に、開発コードが「Ice Lake」の第10世代Coreプロセッサー11モデルの出荷を始めたことを発表した(関連記事)。Ice Lakeの11モデルは10nmプロセスで製造するが、今回のComet Lakeの8モデルは14nmプロセスでの製造となる。また、Comet Lakeでは、Ice Lakeの特徴である高い人工知能(AI)処理性能や強化されたグラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)性能は提供されず、その代わりに最大6コア12スレッドの高いプロセッサー性能(CPU性能)が提供される。接続性にも差がある。Comet LakeではWi-Fi 6用チップ「AX201」がパッケージに搭載されるものの、Thunderbolt 3のコントローラーは搭載されない。サポートするDRAMにも違いがある。

Ice LakeとComet Lakeを比較。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。