アマダプレスシステム(神奈川県伊勢原市)は、プレスマシンとレベラーフィーダーの操作画面・制御を一体化した順送プレス加工自動化システム「ALFAS」を開発した。1つの操作盤でプレスマシンとレベラーフィーダーを操作・制御できるため、 別々に操作するのに比べて作業性が高まる。2021年9月、圧力能力が1500kNのプレスマシン「SDE-1515i III」と最大300mmの板幅を扱えるレベラーフィーダー「LFAS-03KR」を組み合わせた「SDE-1515i III+ ALFAS-03KR」を発売する(図)。

図 「SDE-1515i III+ ALFAS-03KR」の外観
(出所:アマダプレスシステム)
[画像のクリックで拡大表示]

 新システムは、試し打ち時にプレスマシンの内蔵ロードモニターから検出した荷重波形を基に、金型の加工開始/終了位置を自動で検出できる。そのためパイロットピンやワークの高さを入力すると、レベラーフィーダーのリリースや送りスタート、送り干渉のタイミングが自動で設定される。

 従来、プレスマシンとレベラーフィーダーを連動させるには、金型に合わせてプレスマシンのロータリーカムスイッチやポジションスイッチを手動で設定する必要があった。新システムを用いれば、作業負担を減らせるだけでなく、製品ごとのプログラム番号による一貫したデータ管理が可能になる。

 併せてSDE-1515i III+ ALFAS-03KRには、標準の送り速度に加えてトップスピードの速度を上げた「高速モード」を搭載した。板幅や板厚が小さく、降伏点応力が低い材料を加工する際に高速モードを選択することで、トップスピードが約40%高まる。

 バラケ(コイル材の緩み)の発生を抑える「簡易アナログループ制御」も標準で搭載した。アンコイラーの巻き出し速度をラインスピードと等しく制御するため、自動運転中にアンコイラーが停止することなく一定の速度で回り続け、安定した挙動となる。

 従来は、コイル材をプレスマシンに送る際のアンコイラーの起動/停止の繰り返しが原因となり、バラケが起きていた。簡易アナログループ制御によってバラケを抑制することで、ループ形成時の材料の擦り傷を減らせる上、コイル材の途中交換も容易になるという。加えて、コイル外径の入力ミスによる巻き出し異常を防ぐために、光電センサーを活用してシステムを停止する機能も持たせた。

 SDE-1515i III+ ALFAS-03KRのシステム全体の寸法は、幅5200×高さ3400×奥行き2000mm。プレスマシンの圧力能力は1500kNで、無負荷連続ストローク数は最高95rpm、ストローク長さは150mmとする。一方のレベラーフィーダーは、板幅50〜300mm、板厚0.3〜3.2mmに対応し、質量が2000kgまで、外径が1200まで、内径については508mmのコイルを扱える。送り長さは最大400mm、ライン速度は最高16m/minとしている。価格は4000万円(税別)から。