米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)は2021年9月9日(米国時間)、同社の映像端末「Fire TV」シリーズに4K対応のスマートテレビを加えた。21年10月から順次発売する。これまでスティック型の映像配信端末「Amazon Fire TV Stick」を主に手掛けてきた。以前からアマゾンがスマートテレビを発売すると米メディアで報道されてきた。それが正式に発表されたかたちだ。

 スマートテレビは大きく2種類ある。「Amazon Fire TV Omni」シリーズと「Amazon Fire TV 4」シリーズである。前者は音声対話機能「Alexa(アレクサ)」を内蔵し、同機能を通じて、番組検索や映画の再生などを行える。43型~75型まで5種類の画面サイズを用意。価格は409.99米ドルからである。

Fire TV Omniのイメージ
(出所:Business Wire)
[画像のクリックで拡大表示]

 自宅にある他の機器とも連携する。例えば、テレビ番組を視聴しながら、家の外に配置した監視カメラの映像をピクチャー・イン・ピクチャーで確認できる。Webカメラをスマートテレビに接続すれば、Zoomのビデオ通話が可能になる(年末対応予定)。スマートテレビでZoom対応は業界初だとする。

 4シリーズは廉価版という位置付けで、価格は369.99米ドルから。43~55型まで3種類の画面サイズを用意した。対応リモコンを通じてAlexaによる操作が可能になる。