TDKは、低抵抗な樹脂電極を使った積層セラミックコンデンサー(MLCC)「CNシリーズ」に、容量の大きな製品を2つ追加した ニュースリリース 。どちらも、車載ECU(電子制御ユニット)や産業用ロボットに搭載される、+12~14VのDC電圧バスの電源回路に向ける。同回路で電源ラインの平滑やデカプリングで使う製品である

電源ラインの平滑やデカプリングに向けた積層セラミックコンデンサー
電源ラインの平滑やデカプリングに向けた積層セラミックコンデンサー
(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]

 CNシリーズは、電極の一部に導電性樹脂層を作り込んだMLCCである。導電性樹脂層による基板たわみ応力耐性向上の効果を得つつ、同層による等価直列抵抗(ESR)の増加を抑えるために、同層を電極全体ではなく一部に絞った。TDKによれば、こうした構造の樹脂電極を開発・製品適用しているのは同社だけだという。

電極構造の比較
電極構造の比較
左は、一般的な積層セラミックコンデンサーの電極構造。中央は、TDKの従来の樹脂電極品の電極構造。右は、CNシリーズに採用した電極構造である。抵抗が高い導電性樹脂層を電極全面に作り込まず、基板実装面側の一部に作り込んだ。電流は、導電性樹脂層を通ることなく外部に流れ出すため等価直列抵抗(ESR)を抑えられる。(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]

 このシリーズには、寸法の異なる2種類の製品がある。1つは3225サイズ品(3.2mm×2.5mm×2.5mm)。もう1つは3216サイズ品(3.2mm×1.6mm×1.6mm)である。今回、両サイズで1つずつ製品を追加した。前者の3225サイズでは、+25V定格の22μF品を加えた。22μFはCNシリーズでは最大の容量である。後者の3216サイズでは+25V定格の10μF品を加えた。これまでの3216サイズで10μF品の定格電圧は+16Vが最大だった。

CNシリーズの製品ラインナップ
CNシリーズの製品ラインナップ
外形寸法が3.2mm×2.5mm×2.5mm(3225サイズ)の製品と、3.2mm×1.6mm×1.6mm(3216サイズ)の製品がある。今回の新製品を含めると9品種になり、それぞれに車載グレード(CNA)と一般グレード(CNC)がある。(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発売した3225サイズの22μF品と3216サイズの10μF品のどちらも車載グレード品と一般グレード品を用意した。車載グレード品は、車載用受動部品の品質規格「AEC-Q200」に準拠する。温度特性は、−55~+125℃の温度範囲で静電容量の変化率が最大±15%のX7R。新製品の型番と主な特性は下表の通り。

新製品の主な特性
新製品の主な特性
(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]

 サンプル品の参考単価は、3225サイズの22μF品が66円(税込み)。3216サイズの10μF品が28円(税込み)。量産は21年9月に始める。量産規模は当初500万個/月を予定している。