米Diodes(ダイオーズ)社は、外形寸法が2.0mm×2.0mm×0.6mmと小さいU-DFN2020-6パッケージに封止した車載機器向けMOSFETを2製品発売した(ニュースリリース)。nチャネル品である。SOT-223パッケージに収めたMOSFETと比較すると、プリント基板上の実装面積を90%削減できるという。車載向けディスクリート半導体の品質規格「AEC-Q101」に準拠する。DC-DCコンバーターや、車載ディスプレーのLEDバックライト、ADAS(Advanced Driver Assistance System)機器のパワーマネジメント機能などに向ける。

2.0mm×2.0mm×0.6mmと小さい車載向けMOSFET。Diodesのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 発売した2製品は耐圧が異なる。+40V耐圧品が「DMTH4008LFDFWQ」である。最大ドレイン電流は連続時に11.6A、パルス時に80A。オン抵抗は、ゲート-ソース間電圧が+10Vのときに11.5mΩ(最大値)、+4.5Vのときに18mΩ(最大値)。全ゲート電荷量はゲート-ソース間電圧が+4.5Vのときに6.8nC(標準値)。入力容量は1030pF(標準値)。出力容量は324pF(標準値)。帰還容量は27pF(標準値)。ゲート抵抗は1.82Ω(標準値)である。

 もう1つの新製品は+60V耐圧品の「DMTH6016LFDFWQ」。最大ドレイン電流は連続時に9.4A、パルス時に70A。オン抵抗は、ゲート-ソース間電圧が+10Vのときに18mΩ(最大値)、+4.5Vのときに27.5mΩ(最大値)。全ゲート電荷量はゲート-ソース間電圧が+4.5Vのときに7.5nC(標準値)。入力容量は925pF(標準値)。出力容量は242pF(標準値)。帰還容量は25.4pF(標準値)。ゲート抵抗は1.3Ω(標準値)である。

 2製品どちらも、動作温度範囲は−55〜+175℃。出荷する製品すべてに、クランプされていない誘導性スイッチング試験を実行する。価格は明らかにしていない。