ルネサス エレクトロニクスは、フルHD(1080P)対応の車載LCDビデオコントローラーICの新製品として「RAA278842/RAA278843」を発表した(ニュースリリース)。外部のマイコンではなく、内蔵ファームウエアを使って動作させるため、カメラ映像を500ms以下でLCDに出力できる。

新製品のパッケージと利用シーンの例。ルネサスのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品はADAS(Advanced Driver Assistance System)機能を備えたクルマのセンターディスプレーやヘッドユニット、クラスター、HUD(Head-Up Display)、電子ミラー用ディスプレーなどに向ける。

 2つのICには、さまざまな形式で画像を入力できる。アナログ、TTLデジタル、OpenLDI(Open LVDS Digital Interface)、MIPI-CSI2をサポート可能である。このうち、OpenLDI入力は2つの75MHzチャネルまたは1つの150MHzチャネルに対応する。また、MIPI-CSI2は2つの2レーンチャネルまたは1つの4レーンチャネルに対応可能である。MIPI-CSI2の各レーンは最大1Gビット/秒の通信速度に対応する。同社によれば、4レーンのMIPI-CSI2入力を備えた車載LCDコントローラーICは今回が初めてである。

新製品の機能ブロック図。ルネサスの図
[画像のクリックで拡大表示]

 画像出力はOpenLDIが2チャネルと、4レーンのMIPI-CSI2(RAA278842のみ)またはBT.656(RAA278843のみ)である。最大で1920画素×1080画素のLCDパネルに対応できる。

 今回の新製品は、10ビット/カラーで高画質化などの各種画像処理を実行できるパイプラインを2つ備える。また、異常な画像信号を検出するための入力画像計測エンジン(回路)も2つ内蔵している。さらに、9層のウィンドウにビットマップ画像を表示可能なSPIフラッシュ・メモリー・ベースのオン・スクリーン・ディスプレー(OSD)機能を備える。

 RAA278842/RAA278843は、14mm×14mmの128ピンLQFPに封止して量産中。動作温度範囲は-40~+150℃で、AEC-Q100 グレード2に対応する。また、上述したように画像出力までの時間が短いため、運転者がギアをバックに入れてから2秒以内に車両後方の死角領域の映像を画面に表示することを義務付ける「米国連邦自動車安全基準(FMVSS)の111基準」への準拠をサポートできるという。