アシックスとカシオ計算機は2021年10月1日、ウオーキング用のスマートフォンアプリ「Walkmetrix」の提供を開始すると発表した。両社は十分に息が上がるペースでのウオーキング「ファストウォーキング」を通じて人々の健康促進を狙っており、同アプリでファストウォーキングの展開を進める。同アプリの利用料金は無料。「1万歩ほどの量を歩いても、筋力・持久力の向上につながりにくい。運動効果の高いファストウォーキングで健康を促進する。いわばウオーキングの量から質の転換」(アシックススポーツ工学研究所スポーツコンテンツ研究部人間特性研究チームマネージャーの市川将氏)を狙う。

 ファストウォーキングとは、年齢や性別などで適正速度が変化するものの、時速5~7kmの歩行を指す。ゆっくりと歩くと時速約4kmほどなので、通常より速く歩くことを意識したウオーキングである。「ウオーキングであっても速度が上がると、身体のエネルギー消費量や全身の筋活動量などが非常に大きくなる」(同氏)(図1、2)。

図1 ウオーキングとランニングによるエネルギー消費
図1 ウオーキングとランニングによるエネルギー消費
速く歩くファストウォーキングでは、大きなエネルギー消費を期待できるとする。(出所:アシックス)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 歩き方・走り方による筋活動量
図2 歩き方・走り方による筋活動量
(出所:アシックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同じような速度であればファストウォーキングは、ランニングと似た運動効果を期待できる。ファストウォーキングは着地時の衝撃が小さい分だけ、ランニングと比べてケガのリスクも抑えられるメリットがある(図3)。

図3 歩き方・走り方による地面反力
図3 歩き方・走り方による地面反力
ウオーキングとランニングで、足と地面の接地の仕方が異なる。具体的にはランニングは片足のみで身体を支える場合が多いため、身体の負担が大きい。(出所:アシックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 提供を開始したWalkmetrixは、主な機能として利用者の運動目的に合わせたプログラム設定(プログラム機能)やウオーキング・歩行フォームに関するデータなどの記録(アクティビティ機能)、歩数・消費カロリーなどの記録(ライフログ機能)を持つ(図4)。設定できる運動目的は体力向上やダイエット、気分のリフレッシュだ。目的に応じて最適なウオーキング方法を提案してくれる。「長く歩き続けられるように、ゆっくり歩くこと2分、ファストウォーキング3分を交互に繰り返すインターバルウォーキングも提案できる」(同氏)。同アプリは歩行速度を示してファストウォーキングを促したり、アラーム機能でインターバルウォーキングのタイミングを調整したりもする。

図4 Walkmetrixの主な機能
図4 Walkmetrixの主な機能
利用者の運動目的に合わせたプログラム設定(プログラム機能)、ウオーキング・歩行フォームに関するデータなどの記録(アクティビティ機能)、歩数・消費カロリーなどの記録(ライフログ機能)を持つ。画像は目的の設定である。(出所:アシックスとカシオ計算機)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。