ホンダが軽自動車「N-BOX」に搭載する自動ブレーキの夜間性能を向上させた。街灯のない状況における夜間歩行者の検知を可能にした。2019年10月4日に発売する部分改良車に、夜間機能を高めた自動ブレーキを搭載した(図1)。

図1 N-BOXの部分改良車
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダの車両では既に、軽自動車「N-WGN」に搭載する自動ブレーキが、街灯のない状況における夜間歩行者に対応している(関連記事)。同状況下における自動ブレーキの夜間歩行者対応を公表するのは、他社を含めて今回の部分改良車が2車種目となる。

 N-BOXの部分改良車は、ホンダの予防安全システム「Honda SENSING」を全車に標準搭載する。同システムの主要機能である自動ブレーキは主に、フロントウインドー上部の室内側に装着する単眼カメラを使って歩行者を検知する。単眼カメラはドイツ・ボッシュ(Bosch)製である。

 部分改良前のN-BOXもボッシュ製の単眼カメラを搭載していたが、歩行者を対象にした自動ブレーキは昼間だけに対応しており、夜間には対応できていなかった。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。