図2:真鍮製の茶筒の経年変化イメージ
触れれば触れるほど濃い飴色に変化し、使い込むほどに愛着が増すという。(出所:パナソニック)

記事へ戻る