独Infineon Technologies(インフィニオン)は、スーパージャンクション(SJ:Super Junction)型パワーMOSFETファミリー「CoolMOS CFD7」に+650V耐圧品を追加した(ニュースリリース)。これまで同社のCoolMOS CFD7では+600V耐圧品を提供していたが、今回の新製品では耐圧を50V高めた。

EV用充電器に向けた+650V耐圧のスーパージャンクション型パワーMOSFET(TO-220封止品)
Infineon Technologiesの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 「電気自動車(EV)用充電器などの産業用途では、電源回路の変換効率と電力密度を高めるために、バス電圧を従来よりも引き上げる方向にある。今回の新製品は、こうした動きに対応する」(同社)という。LLC共振型コンバーターや、ゼロ電圧スイッチング採用の位相シフト型フルブリッジコンバーターなどの電源回路に向ける。具体的な応用先は、EV用充電器のほか、通信機器用スイッチング電源やサーバー用スイッチング電源、太陽光発電用インバーター装置などである。

 +650V耐圧品の第1弾として6製品を用意した。さらに今後、オン抵抗やパッケージが異なる35製品を順次市場に投入する予定である。発売した6製品はいずれもnチャネル型である。6製品の違いは、パッケージやオン抵抗(ゲート-ソース間電圧が+10Vのときの最大値)などにある。パッケージは3端子TO-220、3端子TO-247、4端子TO-247の3種類を用意した。3端子TO-220封止品は2製品、3端子TO-247封止品は3製品、4端子TO-247は1製品である。

+650V耐圧のSJ型パワーMOSFETファミリー「CoolMOS CFD7」
今回、緑色の6製品を発売した。Infineon Technologiesの資料
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、オン抵抗が29mΩの3端子TO-247封止品(IPW65R029CFD7)の特性は以下の通りである。最大ドレイン電流は、連続時に69A、パルス時に304A。全ゲート電荷量は145nC(標準値)。入力容量は7149pF(標準値)。出力容量は106pF(標準値)。ゲート抵抗は3.8Ω(標準値)。出力容量の蓄積エネルギー(EOSS)は19.8μJ。ボディーダイオードの最大転流速度は1300A/μs(最大値)と高い。動作接合部温度範囲は−55〜+150℃である。

 現在、6製品すべて販売中である。インターネット通販サイトにおける1個購入時の参考価格は、例えばIPW65R029CFD7が10.83米ドルである。