三菱電機は、生産現場向け省エネ支援ツール「EcoAdviser」(エコアドバイザー)シリーズの新製品として、人工知能(AI)がエネルギーロスの要因を診断する「省エネ分析・診断アプリケーション」を2020年10月26日から提供する(図1)。同社のAI技術「Maisart」(Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in Technology)を活用してエネルギーロスの発生要因を自動で診断。相関関係が高い項目をランキング表示し、対策すべき要因を明確にする。価格は29万6000円(税別)。

図1:エネルギーロス要因診断の画面例(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 EcoAdviserは、電力量などのエネルギー情報やPLC(Programmable Logic Controller)に蓄積された生産情報を取り込んで分析し、見える化するツール。7種類のグラフ表示が可能で、「エリア別の電力使用状況を把握したい」「生産数を加味してエネルギー原単位を管理したい」といったニーズに応える。使用するパソコンで下位システムの計測データの自動収集が可能。工場IoT(Internet of Things)向けオープンプラットフォーム「Edgecross」上で動くアプリケーションとしても使えるので、Edgecrossを搭載したパソコンでも同様にデータを収集できる。

 省エネ分析・診断アプリケーションは、収集データを[1]設備の立ち上げから生産開始までの時間、[2]生産終了から設備停止までの時間、[3]設備の非稼働率、[4]付帯設備の運転時間、[5]エネルギー原単位の5つの視点で定量的に分析する。エネルギーロスの発生要因をAIが自動で診断し、日時や設備、製造品目などの項目を相関関係が高い順に表示するので、対策すべき要因が分かりやすいという。AIは、要因診断結果の有効性を学習し、次回以降の要因診断に反映する。このため、生産現場の実態に即して要因診断できるとしている。

 実施した省エネ対策の効果を見える化する機能も持つ。省エネ対策前後の期間を指定すると、削減できた電力量・料金を算出。対策の有効性を定量的に評価して、継続的な省エネ活動を支援する。

 簡単な操作で7種類の分析グラフを作成し、生産現場のエネルギー使用状況をさまざまな視点で分析できる。ダッシュボード機能によって分析グラフや画像を任意に配置でき、目的・用途に応じた画面設定が可能だ(図2)。

図2:ダッシュボード機能による分析画面例(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]