ソシオネクストは、ZETA規格のLPWA(Low Power Wide Area)通信に向けたタグIC「SC1330」を2021年10月22日に発表した ニュースリリース 。ZETA*規格は主に中国で普及しているLPWAの通信方式である。今回、ソシオネクストと、ZETA規格を策定した英ZiFiSense、ZETA日本アライアンス理事企業のテクサー(東京都港区)の3社が、共同で新製品のICを開発した。

* 関連記事 『「こんなLPWAが欲しい」、得意ワザで応える方式が浮上』の3ページ目
今回の新製品「SC1330」
今回の新製品「SC1330」
(出所:ソシオネクスト)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品は次世代ZETA規格のAdvanced M-FSK変調方式に対応する。同変調方式はエラー耐性が強く電波利用効率が高いため、他のLPWA規格の通信に比べて、同一感度の場合は通信速度が3倍に、同一通信速度の場合は感度が最大で5.3dB改善するという。これで、例えば、時速120kmの移動体から3k~5km離れた場所への伝送が可能である。このような特徴によって、新製品は主に中国において物流のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるという。例えば、トラックに積み込んだ荷物に新製品ベースのタグを取り付け、高速道路のインターチェンジなどに設置したアクセスポイントと通信することで荷物をトラッキングできる。

 SC1330は、RF回路を含むAdvanced M-FSK変調方式対応の信号処理部やRISC-Vコアを含むデジタル処理部などを1チップに集積した。パッケージは4mm角と小さい。SC1330の量産開始は22年を予定している。また、SC1330を搭載したタグ(ZETag)はZiFiSenseが同じく22年から出荷する見込みである。

新製品(図中のZETag LSI)と応用事例のタグ(図中のZETag)の機能ブロック図
新製品(図中のZETag LSI)と応用事例のタグ(図中のZETag)の機能ブロック図
(出所:ソシオネクスト)
[画像のクリックで拡大表示]
新製品の主な仕様
新製品の主な仕様
(出所:ソシオネクスト)
[画像のクリックで拡大表示]