さくらインターネットは2021年10月26日、同社が開発・運用する衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の最新版となるVer.3.0の提供を開始した。最大の特徴は、「Tellus Satellite Data Traveler」と呼ぶ衛星データの売買を可能にする新機能を追加したこと。この機能によって、ユーザーは衛星のセンサーの種類や取得時刻、関心領域(AOI)などを指定してデータを検索し、購入ができる。同日、東京都内で開催した記者発表会で、同社代表取締役社長の田中邦裕氏は「自分が欲しい衛星データを気軽に探せる」とメリットを強調した。

さくらインターネット代表取締役社長の田中邦裕氏
さくらインターネット代表取締役社長の田中邦裕氏
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 Tellusは、経済産業省の「政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利活用環境整備・データ利用促進事業」として、さくらインターネットが開発・運用に取り組んでいるプラットフォーム。「宇宙アセットを民主化する」というビジョンを掲げて19年2月21日に提供を開始し、アカウント登録者数は21年10月26日時点で2万4000人を超えている。

 これまで衛星データは利用の拡大が期待されながら、国内ではその歩みは遅かった。衛星データの容量が大きく扱いづらい、価格が高いなどの課題があったからだ。

 Tellus Ver.3.0では、衛星データプロバイダー3社がデータを販売するほか、さくらインターネットは自社のクラウドのコンピューティングリソースや、アプリを販売できるマーケットプレイスを提供する。「自分が使いたい衛星データを探してちょっとだけ活用という世界を実現する。これによって利用者を大幅に増やしてビジネスを成長させる。夢は、インターネット業界のスキームを宇宙産業で実践することだ」と田中社長は話した。

「Tellus Satellite Data Traveler」の操作画面のイメージ
「Tellus Satellite Data Traveler」の操作画面のイメージ
(図:さくらインターネット)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、日本スペースイメージング(JSI)、日本地球観測衛星サービス(JEOSS)、パスコの3社がデータを販売する。JSIが提供する米Maxar Technologiesの光学衛星のデータ、およびJEOSSが提供するSAR(合成開口レーダー)衛星「ASNARO-2」のデータは21年10月26日に販売が開始された。パスコが提供する、光学衛星「ASNARO-1」と21年度に打ち上げ予定の光学衛星「ALOS-3」のデータは、今後順次販売が開始されるという。データの価格は種類によって異なるが、イメージとしては1枚当たり数万~数十万円としている。

 発表会に参加した、経済産業省製造産業局長の藤木俊光氏は「宇宙産業は成長力のある伸び行く産業だ。Tellus Ver.3.0で衛星データを幅広い層の人たちに使ってもらえれば、ロケットや衛星に対するニーズが高まり、産業を形成する正のスパイラルが起きる」と期待感を述べた。