ソリッドワークス・ジャパン(東京・品川)は2020年11月2日、3D-CAD「SOLIDWORKS」の新バージョン「SOLIDWORKS 2021」を発売した。新バージョンでは単独のパソコン(PC)で使う通常版に加え、クラウド対応版「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」も提供する(図1)。3DEXPERIENCE SOLIDWORKの基本機能は通常版とほぼ同じだが、フランスDassault Systemes(ダッソー・システムズ)が提供するクラウドサービス「3DEXPERIENCE platform」と連携できるのが特徴。クラウドにデータを置いて、概念設計や造形デザイン専用の3Dモデリングツール、シミュレーションツールといったクラウド上のツールを使うメンバーとデータを共有できる(図2)。

図1 3DEXPERIENCE SOLIDWORKSの画面
(出所:ソリッドワークス・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 3DEXPERIENCE platform上で連携できるツールの例
(出所:ソリッドワークス・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 このような運用を可能にするため3DEXPERIENCE SOLIDWORKSには、3DEXPERINECE platformのデータベース管理下にある3Dデータへアクセスする機能を持たせた。3DEXPERIENCE platformの3Dデータ形式はSOLIDWORKSと異なるが、データを自動変換する機能を備えて相互運用性を確保。これにより、3DEXPERIENCE platformの3Dデータを扱うシミュレーションツールやモデリングのツールと同様に、SOLIDWORKSでも3DEXPERIENCE platformの3Dデータを編集できるようにした。3DEXPERIENCE SOLIDWORKS自体はユーザーの手元のPCで動作する。

関連記事「SOLIDWORKSとクラウドアプリの連携方法」:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/03659/

 3DEXPERIENCE SOLIDWORKSは年間または四半期のサブスクリプションで提供する。従来同様代理店が価格を決めて販売するため、ソリッドワークス・ジャパンは「価格は代理店に問い合わせてほしい。Webサイトからの見積依頼も可能」としている。

 新バージョンで加えた性能・機能の改良には、例えばGPUを利用した表示の大幅な高速化(図3)、アセンブリーモデリングで干渉状況の一覧表を出力する機能の追加などがある(図4)。

図3 SOLIDWORKS 2021での表示高速化 
新バージョン(左)と従来バージョン(右)を比較する様子。(出所:ソリッドワークス・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 干渉チェックのリスト
表計算ツール「Microsoft Excel」などで利用できる。(出所:ソリッドワークス・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]