ルネサスエレクトロニクスは2021年11月9日、28nmプロセスで製造する車載マイコン「RH850/U2B」を発表した。RH850ファミリーの中で最上位のマイコンであり、複数のECU(電子制御ユニット)を統合する次世代のE/E(電気/電子)アーキテクチャーに対応する。サンプル出荷を22年4月から始める。

28nm世代の車載マイコン「RH850/U2B」
28nm世代の車載マイコン「RH850/U2B」
(出所:ルネサスエレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 次世代のE/Eアーキテクチャーに対応した車載マイコンには、これまでボディー/シャシー制御向けの「RH850/U2A」があった。今回の同U2Bは、より高い性能を持ち、パワートレーンや電動車のインバーター制御、ゾーン/ドメインECU、コネクテッドゲートウエイECUなどに向ける。

RH850/U2Aと同U2Bの位置付け
RH850/U2Aと同U2Bの位置付け
(出所:ルネサスエレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はこれらのマイコンをセントラルゲートウェイ向けの車載SoC(System on Chip)「R-Car S4」と組み合わせることで、次世代のE/Eアーキテクチャーに対応できるとしている。

 同社車載デジタルマーケティング統括部統括部長の吉田直樹氏は、「自動車システムのE/Eアーキテクチャーは今後ドメイン型からゾーン型に進化する。RH850/U2Bは、新しいアーキテクチャーに求められるコスト、安全性、セキュリティー要件に応えると同時に、高性能化を実現した」と説明する。

 RH850/U2Bは、パワートレーン向け「RH850/Ex」シリーズ、およびハイブリッド車(HEV)/電気自動車(EV)用のモーター制御向け「RH850/Cx」シリーズの主要機能をベースに、さらなる高性能化と高機能化を図った。

 RH850/U2Aと同様、ハードウエアベースの仮想化支援機能を搭載し、機能安全レベル「ASIL D」までの複数のソフトウエアを独立して動作させられる。仮想化によるオーバーヘッドを削減し、リアルタイム性も確保できるため、ボディーやシャシーからパワートレーンまで、複数のECU機能を1つのECUに統合できる。

 さらに、モーター制御専用のアクセラレーターIP「EMU3S」を搭載する。「GTM v4.1」や「TSG3」など、複数の専用モーター制御タイマーと連動することにより、高速回転を実現しながらCPUの負荷を軽減できる。また、デンソー子会社のエヌエスアイテクス(NSITEXE)が開発したRISC-VベースのDFP(Data Flow Processor)「DR1000C」を搭載し、複雑なアルゴリズムも高速に処理できる。

 このほか、デュアルバンクの内蔵フラッシュメモリーにより、無線でソフトウエアを更新するOTA(Over The Air)の際、ECUが動作中でも一方のメモリーに更新データを保存することで、更新後に不具合が発生しても、元のデータに戻して動作を継続できる。