米Xilinx(ザイリンクス)は、データセンターでアクセラレーターとして使うFPGAボードの新製品「Alveo U55C」を2021年11月15日(現地時間)に発表した ニュースリリース 。同社のAlveo製品の中では最大の演算密度だという。提供を開始しており、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)では420枚をつないで15Tビット/秒のアクセラレーターを構築した。

新製品のFPGAボード「Alveo U55C」
新製品のFPGAボード「Alveo U55C」
(出所:Xilinx)
[画像のクリックで拡大表示]
「Alveo U55C」の概要
「Alveo U55C」の概要
(出所:Xilinx)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本の報道機関向けに開いたオンライン会見でXilinxのNathan Chang氏(HPC Product Marketing Manager, Data Center Group)は、既存Alveo製品の中でハイエンドの「Alveo U280」 ニュースリリース と新製品を比較した。どちらの製品も、16nm世代プロセスで製造するUltraScale+アーキテクチャーのFPGAを搭載する。ただし、寸法や搭載メモリーには違いがある。既存ハイエンドのAlveo U280はデュアルスロット、フルハイト、フル(または3/4)レングスと大型だが、新製品のAlveo U55Cはシングルスロット、フルハイト、ハーフレングスと小型である。DRAMメモリーに関しては、Alveo U280は32GバイトのDDR4型DRAMベースのDIMMと8GバイトHBM 2を搭載していたが、Alveo U55CはDIMMを搭載しない。そのその代わりにHBM2を2倍の容量の16Gバイトとした。

既存ハイエンド品「Alveo U280」と新製品「Alveo U55C」の主な仕様
既存ハイエンド品「Alveo U280」と新製品「Alveo U55C」の主な仕様
(出所:Xilinx)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品のAlveo U55Cは、RoCE(Remote direct memory access over Converged Ethernet) v2やDCB(Data Center Bridging)、MPI(Message Passing Interface)といった仕様に対応しており、複数のAlveo U55Cを接続したアクセラレータークラスターを構築できる。このクラスターは、InfiniBandに匹敵する性能とレイテンシーを持つことが可能だという。Chang氏は、クラスターの例としてオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO: Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)のケースを紹介した。CSIROでは世界最大級の電波望遠鏡「Square Kilometer Array(SKA)」の信号処理にAlveo U55Cのクラスターを使っている。420枚のAlveo U55Cを接続し、スループットが15Tビット/秒のクラスターを構築した。これで、13万1000基のアンテナからのデータを集約し、フィルタリングなどを行う大規模な演算タスクをリアルタイムで実行することに成功したという。

「Alveo U55C」を使ったアクセラレータークラスターの例
「Alveo U55C」を使ったアクセラレータークラスターの例
(出所:Xilinx)
[画像のクリックで拡大表示]