個性的な家電の開発を手掛けてきたバルミューダはスマートフォンメーカーとしても一歩を踏み出す。同社は2021年11月16日、5G(第5世代移動通信システム)対応スマートフォン「BALMUDA Phone(バルミューダフォン)」を発表した。価格は10万4800円(税込み)で、同月26日に発売する。ディスプレーサイズが4.9インチと小型で、直線がなく曲線だけで構成されたデザインを特徴とする。

「BALMUDA Phone(バルミューダフォン)」を発表する、バルミューダ代表取締役社長 兼 チーフデザイナーの寺尾玄氏
「BALMUDA Phone(バルミューダフォン)」を発表する、バルミューダ代表取締役社長 兼 チーフデザイナーの寺尾玄氏
(出所:発表会のオンライン配信動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 バルミューダ代表取締役社長 兼 チーフデザイナーの寺尾玄氏は発表会で、スマートフォンを作る動機を2つ挙げた。「まず1つは、今のスマートフォンはあまりにも画一的になってしまったこと。私には、どれもほとんど同じに見えてしまう。もう1つ大きなフラストレーションを感じていたのは、毎年どんどん画面が大きくなってきたことだ」(寺尾氏)。今回のバルミューダフォンは、寺尾氏が自らデザインを手掛けたという。

 バルミューダフォンは、重さが138g、幅69mm×高さ123mm×厚さ13.7mmで、4.9インチ(画素数は1920×1080画素)のTFT液晶ディスプレーを搭載する。ディスプレー面は平面であるものの、側面や背面は曲面で構成されており、「iPhone 3G」を思い起こさせる。

バルミューダフォンの外観
バルミューダフォンの外観
(出所:バルミューダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 本体背面には、右上に4800万画素のメインカメラを1つ配置し、左上に指紋センサーを備えたカメラサイズの丸い形状の電源ボタンを配置する。背面中央のロゴ部分でワイヤレス充電やNFC/FeliCaに対応する。本体下部の接続端子はUSB Type-Cである。

 アプリケーションプロセッサーには米Qualcomm(クアルコム)の「Snapdragon 765」を採用し、6GバイトのRAMと、128Gバイトの内蔵ストレージを備える。搭載OSはAndroid 11で、スケジューラーやメモアプリ、計算機などバルミューダが自社開発した基本アプリを搭載する。基本的な操作やUIは既存のAndroid端末と大きな変化はなく、違和感なく利用できるとみられる。

 このほか、5G通信の対応バンドはn3/n28/n77/n78でSub-6周波数帯のみの対応となり、ミリ波帯には対応しない。搭載する電池容量は2500mAhで、連続待受時間は約260時間とする。

 寺尾氏は発表会で「最良の大きさを探索して4.8インチサイズを導き出した。しかし、どうしても部品が入り切らず最終的にこの4.9インチの大きさとなった。」「当初は4Gのみを想定していたが本体を販売するソフトバンクからの希望で5Gに対応させたため、発表が春から秋に遅れてしまった」など苦労話を語った。