ルネサス エレクトロニクスは、ローエンドのFPGA(Field Programmable Gate Array)市場に参入し、具体的な製品として「ForgeFPGA(フォージエフピージーエー)ファミリ」を2021年11月17日に発表した ニュースリリース 。ForgeFPGAは小規模、低電力、低価格を特徴とし、大量生産されるコスト制約の厳しい民生品やIoTアプリケーションなどを狙う。大量購入の場合に1個当たり0.5米ドル以下という低価格帯での販売を計画している。従来、コスト的にFPGAを使用できなかったアプリケーションをターゲットに、ローエンドFPGA市場を開拓するという。

新製品と狙うアプリケーションのイメージ
新製品と狙うアプリケーションのイメージ
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ForgeFPGAファミリは、5000ゲート以下のロジックを必要とするアプリケーションに向ける。第1弾として1K個のLUT(Look Up Table)を集積した製品と、2K個のLUTを集積した製品を計画している。これらの製品の待機時消費電流は20µA未満になる見込みで、「業界で最小の待機時消費電流」(同社)という。11月17日より、ForgeFPGAの1K個LUT製品のサンプルチップと、ベータ版開発ツール、およびプロトタイプの開発キットの提供を開始した。1K個LUT製品の一般販売と量産は、22年第2四半期に開始の予定である。なお、開発ツールは他のFPGAメーカーと同様に無償で提供する。ツールへの設計データは、Verilog-HDLと回路図の双方で入力できる。

 発表されたForgeFPGAファミリは、ルネサスが買収した英Dialog Semiconductor傘下の旧Silego Technology(シレゴ テクノロジー)で開発された。Silegoはミックストシグナル(アナログとデジタルの両方の回路からなる)のプログラマブルIC「GreenPAK」を10年から提供している。これまでに10億個を超えるGreenPAK ICが出荷されており、現在も増え続けているという。今回のForgeFPGAはGreenPAKのデジタル部分を切り出したICと考えられ、製品や開発ツール、サポート体制には一定の実績があるとみなせるだろう。