映像関連システムを開発するアストロデザイン(東京・大田)は、新しい映像符号化の国際規格「H.266/VVC(Versatile Video Coding)」(以下、VVC)でエンコードされた映像を評価するためのアプリケーション「VVC Viewer SP-5020」を2021年11月に発売した。価格は税込みで275万円。11月17日~19日に開催されているメディア総合イベント「Inter BEE 2021」に出展した。

「VVC Viewer SP-5020」のソフトウエアの画面
「VVC Viewer SP-5020」のソフトウエアの画面
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 VVCは現行の「H.265/HEVC」の後継規格で、国際標準化団体「MPEG」と「ITU-T」が共同で立ち上げた「JVET」が規格策定を進め、20年7月に標準化が完了した。HEVCと比較して約1/2にデータを圧縮できることから、高画質でデータ量の大きい4K・8K映像や360°映像などでの活用が期待されている。

 アストロデザインが開発したVVC Viewer SP-5020は、専用のパソコンとソフトウエアで構成される。VVCでエンコードされた4K映像をソフトウエアでリアルタイムにデコードし、12G-SDIもしくはHDMI 2.1で映像を出力する。VVCのデコードソフトウエアはシャープが開発したもので、同社からライセンス提供を受けて使用している。

 VVC Viewer SP-5020はプレイリスト機能を持ち、複数コンテンツを組み合わせた連続再生ができるという。サンプルビットストリームの評価や、異なる映像の比較を通じたVVC規格の評価などでの活用を想定している。