NTNは、新開発の軸受2種を発表した。1つは、軸受からの発塵(はつじん)と回転トルクを低減した「サーボモーター用低発塵軸受」。もう1つは、工作機械の主軸用軸受の焼き付きを防ぐ「センサー内蔵軸受ユニット」の改良品だ。いずれも「JIMTOF2020 Online」(2020年11月16〜27日)に出展した(図12)。

図1:「サーボモーター用低発塵軸受」
(出所:NTN)
図2:「センサー内蔵軸受ユニット」の改良品
(出所:NTN)

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。