米Qualcomm(クアルコム)は2019年12月3日、2020年の5Gに向けた2種類のプラットフォームを投入すると発表した(Qualcommのニュースリリース)。5Gに対応するSnapdragon X55モデムとRFシステム(関連記事)を搭載する「Snapdragon 865」「Snapdragon 765/765G」となる。同社恒例となるSnapdragonのイベント「Snapdragon Tech Summit 2019」(2019年12月3~5日、米ハワイ)1日目の基調講演にて発表された。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
出所:Qualcomm

 これら新製品は、2020年に発売予定の各種Androidスマートフォンへの搭載が見込まれており、上記の同社ニュースリリース内でも、米Motorola(モトローラ)、中国Xiaomi(シャオミ)、中国OPPO(オッポ)、台湾HMDが、新プラットフォーム採用を表明している。米Verizonや英Vodafoneグループも、これらプラットフォーム向け認証プログラムをサポートすると発表している。

 今回の講演では、最新版の超音波指紋センサー「3D Sonic Max」も発表した。こちらは前版より認識領域が17倍大きくなり、指2本での認証でより安全性が強化され、認証時のスピードも向上しているという。

出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

 Snapdragon 865、Snapdragon 765/765Gはともに、同イベント2日目の同年12月4日に詳細仕様を発表するとしている。