韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は2021年11月30日(現地時間)、車載用半導体の新製品3種を発表した。5G接続用の「Exynos Auto T5123」、包括的な車載インフォテインメントシステム用の「Exynos Auto V7」、Auto Vシリーズ用のASIL-B(Automotive Safety Integrity Level、自動車安全水準)認定PMIC(power management IC、電源管理用IC)「S2VPS01」の3製品となる。

(出所:Samsung Electronics)
(出所:Samsung Electronics)
[画像のクリックで拡大表示]
関連ニュースリリース: Samsung Introduces Three New Logic Solutions To Power the Next Generation of Automobiles

Exynos Auto T5123:次世代コネクテッドカー実現に向けた5G対応テレマティクス管理ユニット

  Exynos Auto T5123は、3GPPリリース15に準拠し、SA(Stand Alone)とNSA(Non Stand Alone)両方の5G NR(New Radio)に接続可能となっている。ダウンロード速度は最大5.1Gビット/秒で、移動中の車内での高解像度動画ストリーミングやビデオ通話なども可能になる。

 5Gモデムを介した大量のデータ送受信を効率的に処理するため、高速PCIe(PCI Express)インターフェースや低消費電力のLPDDR4xモバイルDRAMを採用。Cortex-A55 CPUコアを2基搭載し、GNSS(Global Navigation Satellite System)も内蔵している。

 AEC-Q100(Automotive Electronics Council-Q100)の認定も取得済で、既に量産開始している。

Exynos Auto V7:車載インフォテインメント用プロセッサー

 Exynos Auto V7は、車載インフォテインメント用のプロセッサーとして、動作周波数1.5GHzのArm Cortex-A76 CPUコア8基とArm Mali G76 GPUコア11基を搭載。GPUは、3コアをクラスターディスプレーやAR-HUD(拡張現実型ヘッドアップディスプレー)向けに、8コアをCID(Central Information Display、センター情報ディスプレー)などに割り当てることで、各機能が互いに干渉することなく、同時に安全に操作できるようになっている。仮想アシスタント機能などをサポートするNPU(Neural Processing Unit)も搭載されている。

 最大4台のディスプレーと12台のカメラ入力に対応し、ピクセル修正、ダイナミックレンジ圧縮、幾何学的ひずみ修正機能などを持つイメージングシステムで、ノイズやひずみのないサラウンドビューや駐車アシストなどを支援する。また、3基のHiFi 4オーディオプロセッサーも用意し、最大メモリー帯域68.3Gバイト/秒で動作するLPDDR4xも最大32Gバイト搭載可能となっている。

 暗号化処理用の独立したセキュリティプロセッサーによるデータ保護機能も提供し、OTP(One-Time Programmable、1度のみ書き込み可能なメモリー)、PUF(Physical Unclonable Function、物理的に複製できない暗号機能)を使ったハードウエアキーも用意する。デジタルクラスターや車載セーフティーアイランドなどに搭載されるFMU(Fault Management Unit)を使った車内安全管理機能はASIL-Bに準拠している。

 Exynos Auto V7も既に量産開始しており、韓国LG Electronicsが開発する独Volkswagenの次世代車載インフォテインメントシステム用ICAS(In-Car Application-Server、車載アプリケーションサーバー)3.1にも採用されている。

S2VPS01:Exynos Auto Vシリーズ用電源管理IC

 S2VPS01は、Exynos Auto V9およびV7用の電源管理ICとなる。2019年に取得したISO 26262(機能安全プロセス認証)の下で生産される同社初の製品であり、2021年にはASIL-B認証も取得している。

  高効率の3相/2相降圧コンバーターで構成されており、パッケージには、低ドロップアウトレギュレーター(LDO)とリアルタイムクロック(RTC)が統合されている。過酷な熱や電気条件から保護するために、過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、短絡保護(SCP)、過電流保護 (OCP)、過熱保護(TSD)、クロック監視、出力スタック電圧チェックなどの保護機能を用意している。