ラティス・テクノロジー(東京・文京)は、大容量3Dモデルを仮想現実(VR)で表示して実寸大での検証を可能にするツール「XVL Studio VRオプション」(以下、XVL VR)の新版「同Ver.19.0.1」を2020年12月11日から提供する。新版では、VR体験者の動作を第三者の視点から見て遠隔地からでも確認可能にするなど、機能を拡張した(図1)。

図1:VR体験者の視界(左)とVR体験者を第三者から見た視界(右)
ヘッドマウントディスプレーを装着してVR空間で検証作業を実施する人(VR体験者)が、VR空間内でどう動いているかを第三者の視点で見られる。(出所:ラティス・テクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]
* ラティス・テクノロジーのニュースリリース:https://www.lattice.co.jp/news/2020/1202-press

 XVL VRでは、デジタルモックアップ(DMU)ツール「XVL Studio」で作成した3DデータをそのままVR空間で表示して検証でき、多くのVRツールで一般的に必要となるデータ形式の変換作業や簡略化の作業を伴わないのが特徴。生産設備や建設機械、輸送機械の実機を製作する前に作業性などを確認できる。

* 関連記事「既存設備も新規設備も一緒に確認、ラティスのVR検証ツール新版」:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/06886/

 新版では、ヘッドマウントディスプレーを装着したVR体験者がどんな姿勢でどう動いているかを、VR体験者と別の場所からでも共有できるようになった。例えば、若手がVR検証を実施しているときの手の動きなどを、離れた場所にいる熟練者が見て適否や良しあしを判断でき、リモートワークでも若手の指導がしやすくなる。治具や工具の3Dモデルは、コントローラーで操作できるようにした(図2)。

図2:工具モデルとコントローラーの連動イメージ
工具モデルと干渉した部分が赤色に変わっている。(出所:ラティス・テクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 VR体験者と別のメンバーが表示を切り替えたり移動する部品を指定したりとパソコンから操作できる機能を加えた。作業知見を持つものの必ずしもVRの操作に慣れていないVR体験者に対して、VR操作に慣れたメンバーが補助でき、VR体験者は検証に専念できる。

 価格は、1ライセンスで250万円(税別)。初年度から年間保守費用の50万円がかかる。VR機器と動作環境は、ユーザーが用意する。