東芝デバイス&ストレージは、車載電子スロットル制御用ブラシ付きモーターなどに向けて、2チャネル出力のHブリッジ・モーター・ドライバーICを2製品発売した(ニュースリリース)。同様な製品において、1ダイ(1チップ)で2チャネル出力が可能なのは「今回が初めて」(同社)という。2つの新製品は同じ機能でパッケージが異なる。高放熱性の40ピンPower QFNパッケージに封止した「TB9053FTG」と、ウェッタブルフランク構造の40ピンVQFNパッケージに封止した「TB9054FTG」である。

今回の新製品
同じ機能でパッケージが異なる2製品を発売した。左上はウェッタブルフランク構造の40ピンVQFNパッケージに封止した「TB9054FTG」。左下は高放熱性の40ピンPower QFNパッケージに封止した「TB9053FTG」である。東芝デバイス&ストレージのビデオからキャプチャー
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の羽倉淳一郎氏(システムデバイスマーケティングセンター システムデバイスマーケティング第三部(車載担当) 部長)によれば、同社は様々な車載モーターに向けてドライバーIC事業を1980年代から連綿と続けており、現在も市場トレンドに沿って新製品を開発している。今回発表の新製品は、エンジンのスロットルバルブ制御などを狙ったもので、出力電流が最大10Aのブラシ付きモーター制御ICである。

さまざまな車載モータードライバーICを開発
今回の新製品は図の中央上にある「開発中」のマークがついた「TB9053FTG」と「TB9054FTG」である。東芝デバイス&ストレージのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 羽倉氏によれば、電子スロットルや各種バブル向けのECU(Electronic Control Unit)では、小型化やコストダウンの要求が強い。また、2022年以降、車載式故障診断装置(OBD II)の搭載が 義務化されることから、SPI通信機能が必須となるため、その対応が求められているという。こうした市場要求に応えようと、既存の「TB9051FTG」*をベースに開発したのが、今回の新製品のTB9053FTGとTB9054FTGである。TB9051FTGは5Aの出力が1チャネルだけだったが、2つの新製品は1つのダイで5A出力を2チャネル備える。高放熱性パッケージ封止のTB9053FTGは出力2チャネルを並列接続すれば、1チャネルの10A出力ICとしても使える。

新製品開発の背景と特徴
東芝デバイス&ストレージのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
2つのパッケージの違い
TB9053FTGのパッケージは放熱性が高い。一方、TB9054FTGのパッケージは低コストで、はんだぬれ性の確認が容易。東芝デバイス&ストレージのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。